スポンサーリンク

愛知県犬山市のおすすめ観光地は桃太郎神社(ももたろうじんじゃ)

【住所】愛知県犬山市栗栖大平853

【開館時間】10:00〜16:00

【入館料】無料

【駐車場】あり(200台・無料)

【URL】桃太郎神社のウェブサイト

今回は愛知県犬山市にある「桃太郎神社(ももたろうじんじゃ」のご紹介です。

こちらの桃太郎神社は名古屋市内から車で45分〜60分くらいで行けるオススメの観光名所です(下道でこの時間です)。

駅だと名鉄犬山線の犬山遊園駅が1番近いのですが、この駅からだと徒歩で30分以上かかるので交通手段は車がいいと思います。

愛知県犬山市の観光地は犬山城が特に有名ですが、この桃太郎神社は犬山城から車で12分くらいで行けるので犬山城に行くついでに立ち寄るのもいいですね。

桃太郎神社は神社ではありますが、その辺にある普通の神社とはちょっと違う独特な雰囲気があります。

この桃太郎神社には物語の「桃太郎」に出てくるキャラクターたちがリアルな人形(コンクリート像)で多数再現されています。

赤鬼、青鬼、桃太郎、きじ、犬、猿などのカラフルなキャラクターが神社内のそこら中に約20体ほどいます!笑

本当にシュールでポップな世界観です。

一味変わった観光地を求めている方にはインパクトがある観光スポットなのでオススメです!!

キャラクターたちとの写真撮影をしてインスタ映えを狙ってください!!

桃太郎神社の様子を下記の写真で紹介します。

桃太郎神社の写真です

こちらが神社の入り口ですね。鳥居の周りに色々なキャラクターたちが私たちを出迎えてくれています。

桃太郎神社の一番先頭には猿、向かって左側に赤い鬼が「桃太郎神社」という旗を持って座っています。

神社の中に入ると、きじや犬、再びの猿、再びの犬、桃を拾ったところであろうおばあさん、銅像が各所に立っています。

階段周辺に何かしらの体験教室のようなものもありました。

何をやっているかは当日ご確認ください。

再びの猿の奥で何かしらをやっていました。

ここでいよいよ主役の登場です。

「桃から生まれた桃太郎!!」という感じで桃太郎が登場します。

ここは桃太郎神社の中で観光客に1番人気の撮影ポイントです。

観光客の皆さんが並んで記念写真を撮影していました。

Instagram(インスタグラム)に投稿するようの写真を取っているのだと思います。

実際、インスタグラムで「#桃太郎神社」で検索するとたくさんの画像が出てきますので一度検索してみてください。

桃太郎の後ろの階段を登って行くと登って右側に「宝物館」という桃太郎伝説の資料が多数展示されている館があります。

中にはなかなかインパクトのある資料が多数揃っていますが、ここで紹介には衝撃が大きいモノが多数あるので、「宝物館」に何があるのかは是非現地でご確認いただければと思います。

ちなみに宝物館の入館料は大人200円、小人100円です。

階段を上がって正面少し奥に、桃太郎とその仲間たち、赤鬼と緑鬼が待っています。

ここでは赤鬼と緑鬼の間に並んで写真撮影するとここでもインスタ映えが狙える記念になる写真が撮影できます。

そして階段上がって一番奥にこの桃の鳥居が出てきます。ここが桃太郎神社のゴールですね。

ピンク色の可愛い鳥居です。

こちらの桃太郎神社のある愛知県犬山市の木曽川沿岸には桃太郎誕生地伝説というものがあり、鬼退治をした桃太郎は桃の実から誕生した大神実命であると伝えられていました。

そのためここが御祭神となっているようです。

この神社奥にある桃山は桃太郎が最後に身を隠したところだと伝えられ、太古の昔からこの山をご神体として地域信仰の対象にしているようです。

桃太郎神社のご利益は「子授かり・安産・こどもの発育・災除け・長寿(長命桃くぐり)・七五三詣り」です。

また、この後紹介する「長命桃くぐり」にはくぐると100歳まで長生きするという言い伝えがあるそうです。

こちらは桃太郎神社で収集して来た情報です。

桃太郎神社の由来

神世の昔、天照大御神の親神様伊邪那枝命が黄泉の国で悪魔に追れ、難儀された時比良坂と言う所で桃の威力によって危難を免れました。

命は桃に大神実命と言う神名を賜わりまして、これから後世の人々が苦しむ事があらば、お前行って助けてやってくれと仰せになりました。

後に桃は桃太郎に生まれかわって来て、人々を悩す鬼が島の鬼を退治して村を平和にされました。

村人はその御神徳を称えてお祀りしたのが当桃太郎神社です、と記載されています。

その後の桃太郎

桃太郎さんは鬼退治をして帰ってくると、お爺さんとお婆さんに孝養をつくし、二人共やすらかに天寿を全うすると、或る日近くの山へ登り、姿をかくされた。

不思議な事に、その山の姿がだんだん桃のような形に見えるので、村人はその山を桃山と呼んで、鹿に小さなお社を作って、桃太郎さんを祀りました。

桃太郎神社はその桃山から昭和5年現在の地へ還座され、子供の守り神として崇敬されている。

長寿桃くぐり

桃くぐりをすると、100歳まで健康で長生きするという言い伝えがあり、お爺さんやお婆さんたちは子供の頃、ここをくぐって長寿したといわれているようです。

桃太郎神社のイベント情報

子供の守り神「桃太郎神社」による桃太郎まつりが5月5日のこどもの日に行われるようです。

行事は、子供健康祈願祭、桃太郎おどり、アトラクション他と紹介されていました。

賞品もたくさんと書いてありましたが、詳細は不明です!笑

以上が、愛知県犬山市の桃太郎神社の紹介となります。

ちょっと変わった面白い観光地ですので皆さん是非一度遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

駐車場も200台あるので車で行っても安心です。

売店とかもあるので、お土産もみてみください。

スポンサーリンク

桃太郎神社の基本情報

【住所】愛知県犬山市栗栖大平853

【開館時間】10:00〜16:00

【入館料】無料

【駐車場】あり(200台・無料)

【URL】桃太郎神社のウェブサイト

東海地域情報ラボより

東海地域情報ラボは愛知県、岐阜県、三重県、静岡県を中心に東海エリアの観光スポット、ご当地グルメ、特産物、芸術、イベント情報などを発信しています。

スポンサーリンク
おすすめの記事