スポンサーリンク

名古屋名物台湾まぜそば|てっぺん|名古屋市北区

愛知県名古屋市の名物「台湾まぜそば」の紹介です。
愛知県民でないとあまり馴染みがないかもしれませんが、名古屋人のソウルフードのひとつがこの台湾まぜそばです。
ラーメンの一種なのですが、台湾ミンチ(鷹の爪とニンニクを効かせた醤油味のひき肉)が極太麺の上に乗っている汁なし麺の一種です。油そばに近いラーメンです。
具材は台湾ミンチ、生の刻んだニラ、ネギ、卵黄、刻み生ニンニクなどで、これらを麺とよく絡むように混ぜて食べます。
また、麺を食べ終わったら「追いめし」と呼ばれる白飯を麺がなくなった後に残る丼の中の台湾ミンチやそのほかの具材、タレに投入します。ほとんどの店がこの追いめしを無料で提供しておりますので、麺がなくなったら「追いめしお願いします」とお店のスタッフに伝えてください。この追いめしまで完食して初めて台湾まぜそばです。
ニンニクが効いているので、次の日や食べた後人に会ったりするなら食後にブレスケアやりんごジュースなどを飲むことをオススメします。

スポンサーリンク

台湾まぜそばなら名古屋市北区のてっぺん

愛知県内には台湾まぜそばを提供するお店が数多くありますが、今回オススメするのは名古屋市北区金城町にある「てっぺん」です。ロゴには「らーめんまぜそばてっぺん」と表記されています。愛知県内だとこの北区の店舗のほかに、天白区、中川区、西区、安城市、一宮市などに店舗がありますが、こちらの北区が本店なので初めて食べに行くならまずは北区の本店をオススメします。
いつ行ってもだいたい行列ができている人気店です。店内も清潔感があり、東海地域情報ラボの公式コメンテーター「アザラシ」もかなり通っているお店です。
てっぺんの台湾まぜそばはニンニクの辛さが程よく、女性でも食べやすいくらいの印象で毎日食べても飽きない美味しさです。ちなみに辛いのが苦手なアザラシでも一時期は週5で通っていたくらい食べやすくて美味しい台湾まぜそばですよ。
また、小盛など、ラーメンの量も選べるのでそこも嬉しいポイントです。
名古屋で名古屋名物の台湾まぜそばを食べるときはぜひ一度行ってみてください。口コミの評価もかなり高いお店です。

店名:てっぺん(らーめん まぜそば てっぺん)
住所:名古屋市北区金城町4-41-6 グリーンタウン3 1F
公式サイト:http://teppen.hp4u.jp

東海地域情報ラボより

東海地域情報ラボは愛知県、岐阜県、三重県、静岡県を中心に東海エリアの観光スポット、ご当地グルメ、特産物、芸術、イベント情報などを発信しています。

スポンサーリンク
おすすめの記事