スポンサーリンク

愛知の歴史から紐解く食文化と産業発展

今回は愛知県の歴史を紐解きながら、現代につながる愛知県の食文化や最先端産業技術までをお伝えします。

愛知県観光も歴史の理解を深めておくとさらに意味のあるものになりますし、愛知県で普段生活している人は今までと景色が変わって見えるかもしれません。

先人たちが作り上げてきた文化や歴史を再び読み解きましょう。

愛知県の三英傑が日本の歴史をリード

日本の歴史のターニングポイントともいえる戦国時代。

愛知県出身の織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の名武将たちが活躍しました。

織田信長は商売のルールや身分制度のあり方を変え、鉄砲隊を戦に導入することで「戦のスタンダード」も変えていきました。

豊臣秀吉は敵対していた相手をも取り込む高い能力を持っており、人と人とを繋ぎ合わせる力で日本を統一できるほどの組織を作り上げていきました。

徳川家康は信長や秀吉が持っていた良い部分を徹底的に調査して万全の体制で江戸幕府を開き、250年以上も続く太平の世を作り上げました。

「変革の力」「組織をつくる力」「安定を築く力」。

愛知県が生んだ三英傑はそれぞれの能力を活かして、日本の未来を切り開いていきました。

現代に続く日本の歴史と未来につながるヒントが愛知県には数多く残されています。

「醸し」の技術が育てた愛知の食文化

愛知県は平野部が多くて温暖な気候の地域で、大きな川の伏流水にも恵まれているため、そのため米や豆などが収穫できます。

徳川家康も好んで食べたと言われている豆味噌は奈良時代に農産物として朝廷に納められていたという記録がある。

この記録により一定量の豆を生産するため技術や醸造する技術、施設などが当時からあったと推測できる。

ちなみに徳川家康が長寿であったことに、この豆味噌が関係しているのではないかという説もある。

江戸時代に入ると新田開発がさらに進み、豊富に米が収穫されるようになるとその米を使った酒造りが発展する。

酢や味噌造りなども含めた醸造業が発展した時代である。


instagram

愛知県の食文化は「味が濃い」と他の地域から言われることも多いが、この伝統的な豆味噌文化が関係しているのです。

熟成された豆味噌は、一般的な味噌と比べて旨味成分が格段に豊富です。

この豆味噌文化を背景に愛知県では、味噌煮込みうどん、味噌カツ、味噌おでん、ひつまぶしなど
旨味が強いものが好まれてきました。

この食文化がつくった未来が現代の「名古屋めし」なのです。

愛知県の産業技術が日本の未来を創り続けている


instagram

きっかけは17世紀頃に精巧な仕掛けのからくり人形を作ったことでした。

今も愛知県の祭りでは「山車からくり」が定着しています。

この「からくり人形師」たちの知恵や技術が蓄積され、その延長線上に現代の愛知県産業である自動車産業や鉄道産業、航空機やロケット産業、セラミック産業などがあります。

こうして愛知県は日本の最先端技術が集結する「ものづくりの県」という地位を確立しました。

からくり人形から航空機まで。

産業技術の最先端を走る愛知県にはものづくりの精神に触れられ、学びながら体験できる観光スポットがたくさんあります。


instagram

例えば、名古屋市西区にある「トヨタ産業技術記念館」には本物の機械を実際に動かす動態展示があり、ものづくりの大切さや研究の精神を学ぶことができます。

名古屋市港区にある「リニア・鉄道館」は高速鉄道技術の進歩を紹介するミュージアム。

超電導のリニアを見ることができるのは全国でここだけ。

愛知県観光の際はぜひ行ってみてくださいね。

いかがでしたか?

愛知県は日本の食文化や産業発展に大きな影響を与えてきたことがわかりましたね。

これまでの歴史と、こらからの未来をつなぐために私たちも何か残したいですね。

これからも愛知県に興味を持ってくれる人たちが増えてくれたら嬉しいです!

スポンサーリンク

東海地域情報ラボより

東海地域情報ラボは愛知県、岐阜県、三重県、静岡県を中心に東海エリアの観光スポット、ご当地グルメ、特産物、芸術、イベント情報などを発信しています。

スポンサーリンク
おすすめの記事