この記事では、『日本特殊陶業株式会社』の就職情報をまとめて紹介しています。

スポンサーリンク

日本特殊陶業株式会社の就職情報【会社の特徴・求める人材・年収】

日本特殊陶業株式会社は、自動車用スパークプラグ・排気系センサーで世界一の企業です。

日本ガイシ株式会社から自動車用スパークプラグ事業が分離してできた、森村グループの企業です。

自動車部品で群を抜く高収益企業で、電子部品や医療関連製品なども育成しています。

半導体関連は事業再構築中ですが、5G関連の需要が追い風となっています。

全固体電池を独自開発しています。

日本特殊陶業株式会社の大卒の初任給は「212,500円」、平均年収は「794万円」、平均勤続年数は「14.2年」です。

新卒社員の入社3年後の定着率は「92.7%」です。

新卒入社の採用実績校には、名古屋大学、名古屋工業大学、早稲田大学、立教大学、中央大学、同志社大学、三重大学(大学院)、静岡大学(大学院)、岐阜大学(大学院)、などがあります。

新卒社員の総合職の配属先には調達・労務・経理・法務・人事・営業・企画・マーケティング・情報システムなどがあり、技術職の配属先には技術・開発設計・企画・品質保証・研究開発・生産設計・管理部門・情報システム・工務・マーケティング・調達などがあります。

求める人材は「四海兄弟・素志貫徹・至誠信実・独立自営の共有価値観に共感し、体現できる人財」です。

スポンサーリンク

日本特殊陶業株式会社の基本情報【平均年齢・平均年収・離職率】

会社名日本特殊陶業株式会社
本社所在地名古屋市瑞穂区高辻町14-18
設立1936年10月26日
業種メーカー(ガラス・土石)
資本金478億6900万円
従業員数2,295名(男2,003名・女292名)
平均年齢39.4歳(男40.1歳・女34.8歳)
平均年収794万円
3年後離職率7.3%
有給取得13.9日(年平均)
HPhttps://www.ngkntk.co.jp
スポンサーリンク