27歳 就職できない

「27歳のフリーターでも就職できるかな…」という悩みを抱えるフリーターの方に向けて、この記事を書いています。

何となくフリーターを続けていると、知らない間にどんどん年を取ってしまうものです。

多くのフリーターが20代後半になると、そろそろ就職しないといけないという危機感におそわれます。

結論からいうと、27歳のフリーターでも、やり方を間違えなければ、正社員に就職できます。

就職するために大切なのは、自分の置かれた状況を理解することと、正しい方法で就職活動することです。

ヨウジロウ
26歳まで年収190万円のフリーターだった、ヨウジロウです。

この記事を書いている僕は、もともと年収190万円の底辺フリーターでした。その後、26歳のときに何とか正社員に転職して、年収500万円稼げるようになり、底辺労働者から抜け出しました。現在は20代向けのキャリアアドバイザーをやっています。

今回は「27歳のフリーターが底辺から這い上がる方法」について解説していきます。

スポンサーリンク

27歳のフリーターは就職できない?【底辺から這い上がる方法】

「27歳のフリーターって就職できないの?」

このような不安を抱える、20代後半のフリーターは多いと思います。

結論をいうと、正しい方法で就職活動をすれば、27歳のフリーターでも正社員に就職できます。

ただし27歳のフリーターには時間的な猶予がないので、1日も早く行動することが大事です。

気づいたら27歳になっていたように、のんびりしていると28歳、29歳、30歳になってしまいます。

フリーターから正社員への就職を目指すということは、未経験からチャレンジできる求人に応募することになります。

未経験者の採用に力を入れる企業が増えてきていますが、多くの企業が「未経験なら若手社員に限る」という考えを持っています。

特に28歳以上の人材になると、未経験枠として採用することに躊躇する採用担当も増えてくるので、できるだけ早く就職活動を始めるべきです。

人間は年を取ると、頭が固くなって、フットワークも重くことが多いので、採用担当たちはそこに懸念点を感じてしまうのです。

スポンサーリンク

27歳で職歴なしの大卒は営業職に挑戦しよう

もしあなたが、27歳の大卒で、職歴のないフリーターなら、営業職に挑戦するのがおすすめです。

中途採用をしている企業の中には、「大卒以上」という応募条件を設定しているところも多いので、せっかくなら大卒しか挑戦できない求人に応募してみましょう。

大卒なら22歳で大学を卒業して、フリーター期間は5年になるので、応募書類や面接でやる気をアピールすれば、何とか入社できる可能性があります。

27歳のフリーターが正社員に就職する場合、転職市場に出ていくことになりますが、職種を選び間違えると、いつまで経っても内定をもらえないので注意してください。

たとえば、研究職やマーケティング職、人事担当などの職種は、経験者を中心に募集する職種なので、そこに未経験のフリーターが応募しても選考を通過する可能性は極めて低いです。

転職市場に出ている求人の7割が「営業職」といわれているので、未経験のフリーターが応募するべきなのは「営業職」です。

営業職はビジネススキルの基本が身に付き、様々な業界や職種で応用が効く能力が手に入るので、底辺から這い上がるためには最適の職種といえます。

できれば法人営業で、IT系やWEB系のサービスを扱う会社に就職できるといいですが、そのような仕事は人気があるので、競争率が高くて受からないことも多いです。

ですから「まずは営業職に就職して、正社員として人生をやり直すこと」を転職の1番の目的にするのがおすすめです。

スポンサーリンク

27歳で職歴なしの高卒は仕事を選んでいる場合じゃない

27歳 就職できない

もしあなたが、27歳の高卒で、職歴のないフリーターなら、仕事を選んでいる場合ではありません。

とにかく正社員として働ける求人に、片っ端から応募していきましょう。

これは間違っても、学歴の差別をしているわけではありません。

僕がこれまでに、多くのフリーターの転職サポートをしてきた経験上、転職市場では高卒より大卒の方が採用されやすい傾向がある、ということです。

個人的にはフリーター全員に営業職に就職して、人生をやり直してほしいと思っていますが、営業職にこだわり過ぎると、フリーターから抜け出せないという最悪な状況も起こりえます。

1日でも早く底辺から抜け出すためにも、営業職に就職できなければ、とりあえずどこかの会社の正社員になりましょう。

正社員として1年~2年のキャリアができれば、他の会社の営業職に再度挑戦することができます。

転職を成功させるためには、学歴よりも正社員経験があるかないかの方が重要です。

27歳が目指すべき年収とは?

27歳が目指すべき年収は、どのあたりでしょうか?

27歳の年収については、dodaが公開している「平均年収ランキング(年代別・年齢別の年収情報) 」をみると、27歳の平均年収は「382万円」となっています。

性別でみると、27歳男性の平均年収が407万円、27歳女性の平均年収が350万円となっています。

28歳以降の年収をみると、28歳の平均年収が394万円(男性421万円・女性358万円)、29歳の平均年収が404万円(男性432万円・女性363万円)です。

27歳のフリーターが、転職後すぐに年収382万円を目指すのは難しいと思うので、29歳までに年収400万円あたりを目指すというのが現実的だと思います。

29歳までに年収400万円稼げるようになれば、とりあえず平均年収ラインには乗っている状態なので、底辺から脱出できていると言っても問題ないです。

また27歳の人は年収に加えて、転職市場で重要視される「コミュニケーション能力」をある程度身に付けておくのがおすすめです。

特に法人顧客を相手にやり取りしていた経験があると、企業からの評価が高くなります。

27歳のフリーターは今すぐ就職エージェントを利用しよう!

27歳 就職できない

ここまでお伝えしてきた内容のとおり、27歳のフリーターでも底辺から這い上がるチャンスは十分にあります。

ただし多くのフリーターは、就職活動の経験がほとんどないので、自分ひとりで就職活動を進めると失敗しやすいです。

自分ひとりで就職活動をやっているフリーターは、書類選考が全然通らない、面接でいつも落とされる、などの悩みを抱えやすいです。

では、27歳までフリーターだった人は、どのように就職活動を進めていけばいいのか?

正社員経験のないフリーターは、フリーターに特化した就職エージェントを利用して、就職活動を進めていくのがおすすめです。

フリーターに特化した就職エージェントでは、履歴書や職務経歴書の作成から企業ごとの面接対策まで、手厚くフォローしてもらえるので、初めて正社員に挑戦するフリーターでも安心して就職活動を進めていけます。

「どうしても人生をやり直したい!」と思っている27歳のフリーターの方は、とりあえず就職エージェントに登録して、一歩前に進んでみましょう。

ヨウジロウ
僕は26歳の時に転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円の正社員に転職できました。

まとめ

この記事のまとめです。

  • 27歳のフリーターは自己認識と正しい就活方法が大事
  • 27歳で職歴なしの大卒は営業職に挑戦しよう
  • 27歳で職歴なしの高卒は仕事を選んでいる場合じゃない
  • 27歳が目指すべき年収は400万円
  • 27歳のフリーターは就職エージェントを利用するべき

27歳までフリーターだったからと言って、人生を諦める必要はありません。

「正社員として人生をやり直したい」と本気で考えているなら、気持ちを強く持って、正しい方法で就職活動をおこなえば、何とかなります。

いろいろと悩む気持ちはわかりますが、まずは一歩前に進むことが大事です。

のんびりしていると、あっという間に30代になってしまい、どんどん就職が難しくなります。

あなたがいま27歳なら、1日も早く行動するのがおすすめですよ。

スポンサーリンク