フリーターとは

「フリーターってどんな人のこと?」

この疑問に答えます。

結論から言うと、フリーターの定義は、厚生労働省によって、以下のように定められています。

フリーターの定義

年齢:15歳~34歳まで
状態:現在就業中のアルバイトまたはパート雇用者。男性は継続就業年数1~5年未満、女性は未婚で仕事を主としている。現在無業の場合は家事や通学をしておらず、アルバイトやパートの仕事を希望している、

つまり、フリーターとは、「仕事を主とする34歳までの男女で、現在アルバイトやパート雇用されている人、または雇用を希望している人」を指します。

ヨウジロウ
26歳まで年収190万円のフリーターだった、ヨウジロウです。

この記事を書いている僕は、もともと年収190万円の底辺フリーターでした。その後、26歳のときに何とか正社員に転職して、年収500万円稼げるようになり、底辺労働者から抜け出しました。現在は20代向けのキャリアアドバイザーをやっています。

今回は僕の体験談をもとに、「フリーターとは何者か?」について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

フリーターとは?【定義・年齢・人口・ニートとの違い】

「フリーターとはどんな人?」と聞かれると、明確な答えに困りますよね。

一般的には、フリーターに対して、ネガティブな印象を持っている人が多いです。

しかし、フリーターは時間の自由があるので、バンド活動など自分がやりたいことを優先して、フリーターになる方も増えています。

また、未経験では正社員採用が難しい職種の場合は、まずはアルバイトとして入社して、その後の正社員登用を目指す人もいます。

このような目標を持っている人が存在する一方で、ただ何となくでフリーターになってしまった人も多いです。

フリーターの良い面と悪い面を確認した上で、自分に合う働き方を選ぶことが、あなたにとって最適な選択になります。

ここからは、フリーターについてを詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

フリーターの人口

フリーター人口

そもそもフリーターの人口は、どれくらいの人数がいるのでしょうか?

2018年の「総務省統計局の調査結果」によると、フリーターの人数は152万人だといわれています。

ここでいうフリーターとは、年齢が15~34歳までの人たちです。

年々フリーターの人口は減少傾向にありますが、それでも150万人以上のフリーターが存在するのです。

最近ではフリーターの高齢化が進み、25~34歳のフリーター人口が、15~24歳のフリーター人口を上回っています。

30代のフリーターが、普通になってきているのですね。

スポンサーリンク

フリーターとニートの違い

フリーターとニートの違い

日本には、フリーターの高齢化に加えて、ニートの増加という問題があります。

フリーターとニートは、何が違うのでしょうか?

フリーターにもニートにもそれぞれの定義があります。

厚生労働省によるフリーターの定義は「仕事を主とする15~34歳までの男女で、現在アルバイトやパート雇用されている人、または雇用を希望している人」です。

しかし実際には、安定した仕事に就いていない人のことを、フリーターと呼ぶことが多いです。

ちなみに、フリーターという言葉は、1986年に登場した「フリーアルバイター」という造語をもとにつくられました。

厚生労働省によるニートの定義は、「15~34歳までの男女で、学校を卒業または終了して未婚の人、かつ家事や通学を行っていない人」です。

しかし実際には、仕事をしていない人のことを、ニートと呼ぶことが多いです。

世間的にはフリーターもニートも同じような立場で扱われます。

アルバイトをしているかどうかは関係なく、正社員として働いていなければ、「定職に就かずにフラフラしている若者」というレッテルを張られます。

正社員への就職という観点で考えると、ニートよりもフリーターの方が、若干有利になる場合が多いです。

フリーターの年齢は何歳まで許される?

フリーター 何歳まで

まずは、フリーターの年齢を考えていきましょう。

厚生労働省が定めるフリーターの定義によれば、フリーターの年齢は「15歳~34歳まで」となっています。

定義による年齢は34歳までかもしれませんが、正社員への就職を考えると、フリーターは「28歳まで」が限界ですね。

「フリーターは何歳まで許される?」という疑問をもつ人は多いですが、この答えは「28歳まで」です。

なぜなら28歳を過ぎると、未経験から応募できる求人数が少なくなり、内定率も一気に低くなるからです。

たとえば、キャリアアドバイザーの僕が紹介できる、名古屋エリアの求人数を年齢別にみると、こんな感じです。

  • 18歳:23件
  • 19歳:25件
  • 20歳:72件
  • 21歳:85件
  • 22歳:111件
  • 23歳:126件
  • 24歳:136件
  • 25歳:159件
  • 26歳:156件
  • 27歳:156件
  • 28歳:155件
  • 29歳:155件
  • 30歳:147件
  • 31歳:137件
  • 32歳:137件
  • 33歳:133件
  • 34歳:131件

いかがでしょうか?

28歳前後を基準に、応募可能な求人数が減っていくのがわかりますよね。

20代後半から就活するデメリットは、求人数が少なくなることだけでなく、選考通過率が低くなることも挙げられます。

20代前半の人材は、思考が柔軟なので、入社後の教育がしやすいです。

しかし、20代後半の人材は、「思考が固くて、フットワークが重い」というイメージがあるので、入社後の教育が大変そうだと判断され、不採用になりやすいです。

フリーターから正社員に就職するためには、できるだけ早く就活を始めた方がいいです。

フリーターの方は、初めて就活する人も多いので、ひとりで就活を始めるよりも、就職エージェントを利用して、キャリアアドバイザーに就活を手伝ってもらうのがおすすめです。

就職エージェントでは、履歴書や職務経歴書の作成、面接対策から自己分析まで、正社員になるための手厚いサポートが受けられます。

フリーターから正社員に就職したい方は、とりあえず就職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか?

就職エージェントは完全に無料で利用できるので、何もデメリットはありません。

✔とりあえず登録すべき転職エージェント3社【すべて無料で利用できる】


【第二新卒エージェントneo】 :高卒・大学中退・Fラン大卒の20代の転職に強い。10時間以上の無料就職サポートあり。

ウズキャリIT :未経験からITエンジニアを目指せる。20代フリーター・ニートの内定率83%以上、無料のIT学習サポートあり。

JAIC :社会人経験のない20代30代の転職に強い。7日間の無料就職講座あり。

この記事のまとめ

今回の内容のまとめです。

  • フリーターの定義の年齢は15歳~34歳まで
  • フリーターの正社員就職は28歳までが限界
  • フリーターの人口は150万人以上いる
  • フリーターの高齢化が進んでいる
  • フリーターもニートも同じ立場で扱われる
  • フリーターが就職するなら就職エージェントに登録すべき
  • フリーターはとにかく若いうちに就活を始めるべき

✔とりあえず登録すべき転職エージェント3社【すべて無料で利用できる】


【第二新卒エージェントneo】 :高卒・大学中退・Fラン大卒の20代の転職に強い。10時間以上の無料就職サポートあり。

ウズキャリIT :未経験からITエンジニアを目指せる。20代フリーター・ニートの内定率83%以上、無料のIT学習サポートあり。

JAIC :社会人経験のない20代30代の転職に強い。7日間の無料就職講座あり。

スポンサーリンク