トラックドライバー 転職

「トラックドライバーに転職したい…」
「無資格でも採用してもらえるかな…」
「未経験でもドライバーになれるかな…」

このような方に向けて記事を書いています。

トラックドライバーの仕事に興味があるけど、自分は資格も経験もないからなぁ…と諦めていませんか?

ちょっと待ってください!

本気でトラックドライバーになりたいなら、チャンスはあります。

結論からいうと、無資格・未経験でもコミュニケーション能力が高ければ、ドライバーになれる可能性はあります。

こんにちは。採用コンサルタントのとらすけです。

記事を書いている僕は、運送会社向けの採用コンサルをやっており、これまでに100名上のドライバー採用担当から話を聴いた経験があります。

この記事では「トラックドライバーの転職理由」から「無資格・未経験からドライバーになる方法」までを解説しています。

この記事を読めば、資格や経験がなくてもトラックドライバーになれることがわかると思います。

3分で読める内容ですので、それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク

トラックドライバーの転職理由とは?【多様な人材が集まる】

トラックドライバーが転職する理由には、ドライバーによってさまざまな転職理由があります。

たとえば、労働時間や報酬面などの不満が理由で、同業他社に転職するトラックドライバーがいたり、異業種からドライバーデビューを目指して、転職する人がいたり。

異業種からトラックドライバーになる人の前職は、製造業のライン作業をやっていた人、飲食店スタッフだった人、コンビニ店員だった人、銀行に勤めていた人、営業マンだった人、など多種多様です。

学歴に関しても、中卒から高卒、大卒まで揃っており、トラックドライバーの世界には多種多様な人材が集まります。

学歴や経歴に関係なく、いろいろな人と関わることで、自分の考え方や視野も広がりそうですよね。

トラックドライバーはこれまでのキャリアに関係なく、仕事や人生の向き合い方を見つめなおし、自分らしさや自分の良いところを活かして活躍できる職種のひとつです。

スポンサーリンク

トラックドライバーに憧れる若者たち【自由に自分らしく働きたい】

トラックドライバー 転職

「自分らしく働きたい」
「好きなことを仕事にしたい」

このような想いから、トラックドライバーの仕事を選ぶ人が多いです。

特に20代30代は「自分の好きなことを仕事にしたい」と考える人が多いので、若者のトラックドライバーも増えつつあります。

運送会社の事務職からトラックドライバーを目指す若者がいたり、コンビニ店員からトラックドライバーを目指す若者がいたりするのも、このためです。

僕が実際に運送会社の採用担当から聴いた話だと、「トラックに乗って仕事をするトラックドライバーを見ていたら、いつの間にか自分もトラックに乗りたくなっていた!」という理由でドライバーを目指す若者が一定数いる、とのことでした。

また親や親戚にトラックドライバーがいる場合も、心のどこかで憧れを抱いていることが多いようです。

確かに「自由で自分らしく働く」トラックドライバーを見ていると、うらやましくなる気持ちはわかりますよね。

スポンサーリンク

無資格・未経験でもトラックドライバーになれるの?

「トラックドライバーになりたい」と思う方の前に立ちはだかるのが、資格や経験がないことです。

ドライバーの仕事は「ただ荷物を運び、運転するだけ」ではありません。

実際の現場では、フォークリフトを操作する場合もありますし、2t以上のトラックを運転する場合もあります。

そのためフォークリフトの免許や、準中型・中型・大型免許が必要になることもあります。

こうなってくると、無資格・未経験だとドライバーになれないんじゃ…と思ってしまいますよね?

でも大丈夫です。

求人募集をする運送会社の中には、資格取得の支援制度があったり、未経験者を積極的に採用する会社もあります。

未経験から入社した後は、会社と先輩がドライバーに必要なスキルを教えてくれます。中には免許の取得サポートをしてくれる会社もあります。

そのような会社に応募していけば、無資格・未経験でもトラックドライバーになれるチャンスはあります。

トラックドライバーにはコミュニケーション能力が必要

トラックドライバー 転職

トラックドライバーは基本的に1人でお客様をまわる仕事なので、コミュニケーション能力がなくてもできるんじゃないか?と思われがちです。

しかしお客様と接する機会が多いので、一定のコミュニケーション能力が必要になります。

自分が運ぶ商品の知識を身に付けたり、資格を取得したり、物流について勉強したり、運転者としてモラルのある行動をしたり。

プロのトラックドライバーになるためには、運転スキル以外にも求められることがあるのです。

そのため無資格・未経験からトラックドライバーに挑戦する方でも、コミュニケーション能力でカバーすることが可能になります。

どの仕事にも共通して言えることですが、コミュニケーション能力のある人材は会社から重宝されるのです。

まとめ:トラックドライバーに転職するには?

この記事の内容をまとめておきます。

  • トラックドライバーはさまざまな理由で転職する
  • 運送会社には多種多様な経歴の人たちが集まる
  • 自由に自分らしく働けるのが若者から選ばれる理由
  • 無資格・未経験でもトラックドライバーになれる
  • コミュニケーション能力があればトラックドライバーになれる

「資格も経験もないけどトラックドライバーになりたい」という方は、応募書類や面接でコミュニケーション能力をアピールしましょう。

運送会社の中には無資格・未経験の人材を採用してくれる会社もあるので、まずはそういった会社の求人募集を探しましょう。

ハローワーク、求人誌、求人サイト、企業のホームページなどから求人を探せば、数社の運送会社がピックアップできるはずです。

そうしたらピックアップできた運送会社に電話をかけて、求人に関する問い合わせをしていきましょう。

本気でトラックドライバーになりたいと思うなら、「今日とはいわず、今」から始めてみましょう。

✔とりあえず登録すべき転職エージェント3社【すべて無料で利用できる】


【第二新卒エージェントneo】 :高卒・大学中退・Fラン大卒の20代の転職に強い。10時間以上の無料就職サポートあり。

ウズキャリIT :未経験からITエンジニアを目指せる。20代フリーター・ニートの内定率83%以上、無料のIT学習サポートあり。

JAIC :社会人経験のない20代30代の転職に強い。7日間の無料就職講座あり。

スポンサーリンク