トラックドライバー 点検

この記事では、プロのトラックドライバーとして覚えておくべき「トラックに乗る前の点検」について解説しています。

これからトラックドライバーを目指す方は、ぜひ最後までご覧ください。

3分で読める内容なので、それではいきましょう。

スポンサーリンク

トラックに乗る前の点検とは?【3分で解説します】

トラックドライバーにとって「トラックに乗車する前の点検」はとても大事です。

トラックは走行中に限らず、死角が多いので、乗車する前にトラックの周囲を一周まわって、必ず確認をしておきましょう。

トラックに乗る前の点検項目は以下のとおりです。

  • 事故につながるものはないか?
  • 子どもが遊んでいないか?
  • ウイングサイドパネルやリヤドアは閉じているか?
  • アオリやキャッチを解放したままにしていないか?
  • 発進時に障害になるようなものはないか?
  • 輪止めを外し忘れていないか?

これらを点検した上で、トラックに乗車しましょう。

「そんなことがあるはずない」と決めつけて、点検を怠ると大事故につながりますので、確認は忘れないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

トラック乗車前の点検で注意するべきこと

トラックに乗車する前の点検で注意するべきことは「車両の下部ものぞき込んで点検すること」「少し離れた位置からトラック全体を見渡すこと」です。

たとえば、ウイングサイドパネルを開いたまま発車して、器物破損させてしまったり、積んである荷物を走行中に落下させてしまったり、という事故につながります。

またトラックの間近に仮置きされた製品に気づかずに発車して、製品に接触して破損させてしまうような事故もあります。

特にウイングサイドパネルやリヤドアを破損させてしまうと、トラックが自走できなくなり、荷物の延着や遅延を引き起こします。

これによって荷主に迷惑をかけてしまい、ドライバーや会社の信用が落ちてしまう可能性もあります。

最悪の場合、多額の賠償金を請求されることもあるので、ドライバーは乗車前の点検には細心の注意をはらう必要があるのです。

スポンサーリンク

まとめ:トラックに乗る前の点検

最後に「トラックに乗る前の点検項目」をまとめておきます。

  • 事故につながるものがないかを確認する
  • 近くに子どもがいないかを確認する
  • ウイングサイドパネルやリヤドアを確認する
  • アオリやキャッチを確認する
  • 発車時の障害物がないかを確認する
  • 輪止めを外し忘れていないかを確認する

トラックドライバーにとって、走行中の事故防止対策はもちろん重要ですが、それと同じくらいに乗車前の点検も大切です。

乗車前の点検は難しい業務ではないので、基本に忠実になって毎回やることを心がけましょう。

トラックの運転に慣れてくると、ついつい「まぁ大丈夫だろ!」と点検を怠ってしまうことがありますが、この決めつけが大事故につながります。

「ちゃんと点検しておけば良かった…」と後悔しないように、乗車前の点検は必ず行いましょう。

✔とりあえず登録すべき転職エージェント3社【すべて無料で利用できる】


【第二新卒エージェントneo】 :高卒・大学中退・Fラン大卒の20代の転職に強い。10時間以上の無料就職サポートあり。

ウズキャリIT :未経験からITエンジニアを目指せる。20代フリーター・ニートの内定率83%以上、無料のIT学習サポートあり。

JAIC :社会人経験のない20代30代の転職に強い。7日間の無料就職講座あり。

スポンサーリンク