• デザイナーの転職理由を教えてほしい…
  • デザイナーの仕事のリアルが知りたい…
  • デザイナーを続けるべきか迷っている…

このような方向けの記事です。

おしゃれでカッコイイという理由で、デザイナーを目指す若者はたくさんいます。

デザイナーの世界は華やかにみえますが、現実はかなりのハードワークなので、体力的な限界を感じて、デザイナーから転職する人も多いです。

この記事を書いている僕は、4年間キャリアアドバイザーをやっていたので、これまでに数百人の転職相談に乗ってきた経験があります。

今回は僕が面談した、元デザイナーの22歳女性・Fさんの体験談をもとに、「デザイナーのリアルと転職理由」について解説していきたいと思います。

『今すぐにアパレル業界から転職したい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

スポンサーリンク

ファッションデザイナーの大変なこと【22歳女性の本音とは?】

元デザイナーのFさんが勤めていたのは、従業員数500名ほどのアパレルメーカーでした。

Fさんが、デザイナーの仕事に興味を持ったきっかけは、中学時代の先輩たちが開催していたファッションショーをみて、「ファッションってかっこいい!」と思ったからです。

その後、アパレル業界で働くことを目標に、服飾科のある高校に進学し、そのまま専門学校に進みました。

専門学校を卒業後、Fさんは中学生の頃からの夢だった、念願のファッションデザイナーになれましたが、入社1年で退職を決意しました。

Fさんがデザイナーを辞めた理由は、ハードワークによる肉体的な限界です。

スポンサーリンク

ファッションデザイナーが会社を辞める理由は「体力的な限界」

アパレル業界のデザイナーは、とにかく残業が多い仕事です。

展示会ベースで動いているアパレルメーカーは、展示会までに製品サンプルを間に合わせなければいけません。

製品サンプルをつくるためには、工場に仕様書を提出しなければいけません。

そのため、デザイナーたちは、展示会に製品サンプルが間に合うように、期日厳守で必死に仕様書をつくるのです。

展示会前の繁忙期には、毎日の残業と休日出勤が強いられます。

工場への指示書提出後や展示会の開催直後は、デザイナーの業務がいったん落ち着きますが、またすぐに次の展示会が始まるので、基本的にずっと忙しいです。

Fさんの場合は、毎日8時~22時まで働いており、通勤時間に1時間半かかっていたので、睡眠不足が大きなストレスとなっていました。

Fさん以外のデザイナーも、同じくらいの長時間労働をしていたので、体力的にきつかったことを誰にも相談できなかったそうです。

ちなみに、会社の上司たちは、Fさんをはじめ、新人デザイナーたちに対して、「若い頃は苦労を買ってでもするべきだ!長時間働けば自分の財産になるぞ!」と言っていたそうです。

これは、なかなかエグイ労働環境です。

スポンサーリンク

ファッションデザイナーの退職理由を阻止する上司たちがエグイ

Fさんが担当していた仕事内容は、年に数回行われる展示会用のサンプル発注、仕様書の作成、パターンナーや先輩デザイナーのスケジュール調整、事務作業、雑用業務などです。

先輩デザイナーやマーチャンダイザーなどは常にピリピリしているので、部署全体の業務が効率よくまわるように、常に先回りして行動するよう努めていました。

これらの行動をみてもわかるように、Fさんは決して、仕事ができないタイプではありません。

しかし、膨大な仕事量によって、肉体的に限界がきたのです。

Fさんが担当していたのは、アパレル業界の中でも特にサイクルが早い、レディースブランドでした。

アパレル業界には、キッズ、メンズ、ミセス、レディースなど、様々なジャンルがありますが、この中でもレディースの業務量は半端じゃないです。

上司たちは、新人デザイナーが、長時間労働に疑問を抱かないように、「若いときに大量の残業をすれば、スキルが磨かれて優秀な人材になれる!」と洗脳していきます。

この洗脳によって、新人デザイナーは入社後1~3年は頑張りますが、20代半ばになると、上司たちの発言に信憑性がないことに気づき、デザイナーを辞めていきます。

これはアパレル業界あるあるですが、入社1~3年の社員と入社10年以上の社員の間に、全然社員がいないという状況がよくあります。

ブラック労働に我慢し続けている社員が少数残り、そのほかは新人社員を新陳代謝させて、組織を成立させているのです。

アパレル業界は華やかなイメージがあって、多くの学生から人気のある仕事なので、新卒採用には全く困りません。

アパレル業界は求人募集に困らないので、このように若者を使い捨てる組織モデルが、成り立つということですね。

自己実現欲求が満たされるファッションデザイナーの仕事はブラック労働になりやすい

普通に考えたら、業務時間が8時~22時というのは、ヤバすぎると思います。

昼休憩の1時間を抜いても、13時間労働ですね。

正常な感覚で働いていれば、この労働時間はおかしいと思いますよね。

しかし、アパレル業界のような自己実現欲求を満たせる仕事は、志望する若者が多く、人気の職種なので、多少のブラック労働をさせても大丈夫だと思われています。

アパレル業界のデザイナーたちは、お洒落で自己実現欲求を満たせる仕事に就けるという代償として、自分の大量の時間を会社に捧げているのです。

デザイナーや美容師のように、仕事を通して自己実現できる職種は、長時間労働をさせられる可能性が高いです。

まとめ

今回のまとめです。

  • デザイナーは長時間労働を強いられる
  • デザイナーの退職理由は「体力的な限界」
  • 新人デザイナーは上司に洗脳されてブラック労働をする
  • 自己実現欲求の高い仕事はハードワークになりやすい
  • 20代半ばでデザイナーから転職する人が多い

『アパレル業界で働く未来に不安を感じている…』という方は、20代のうちに行動してくださいね。

スポンサーリンク