工場勤務 地獄
  • 工場勤務から転職を考えている…
  • 工場の将来性に不安がある…
  • 工場勤務を続けるべきか悩んでいる…

このような方に向けて、キャリアアドバイザーの私が記事を担当する。

工場から転職したいなら、20代前半までに動くべきである。

酷な言い方だが、工場勤務を何年続けても、全くビジネススキルが身に付かない。

ビジネススキルのない人材は、転職市場では無価値だ。

将来に不安を感じているなら、できるだけ若いうちに転職するべきだ。

今回は私のもとに転職相談にきた、元工場勤務の26歳男性・Sさんの事例をもとに、「工場から転職するなら20代前半までに動くべき理由」を解説する。

スポンサーリンク

工場勤務は地獄だ!将来性がなくて辛い!【26歳男性の本音】

工場勤務は、将来仕事を失うリスクが高いことは、間違いない。

なぜなら、AIやロボットを導入しやすい仕事だからだ。

単純作業は、AIやロボットが最も得意とする仕事だ。

しかも、人間よりもスピードが速くて、精度も高い。

おまけに人間よりも費用が安いとなれば、人間を雇うメリットなどない。

工場勤務の人は、20代前半までに転職しないと、なかなか将来が危ない。

工場から工場に転職しても何も変わらない

元工場勤務のSさんは、26歳で工場から転職することを決意したが、若干遅いなという印象だった。

Sさんは経験社数が4社だったが、どれも工場系の仕事だった。

各職場で人間関係のストレスを抱える度に、工場から工場への転職をくり返していたのだ。

要するに、嫌なことから逃げるために、転職をくり返していたわけだ。

Sさんは「自分には工場のライン作業しかできない」と思い込んでいたため、工場の仕事しか選ばなかったそうだ。

Sさんの最終学歴は高卒なので、18歳~26歳の8年間を工場で働いていたわけだ。

ライン作業は何も考えなくてもできるし、必要以上のコミュニケーションを求められない。

そのため、Sさんの転職相談に乗ったときは、相手の目を見て話せない、自分の意見を伝えることができない、自分に自信がない、ネガティブな思考になっている、という状態だった。

スポンサーリンク

工場勤務は将来性がない!20代で転職するのがおすすめです

工場勤務 地獄

将来のことを考えて、転職しようと思うのはいいことだが、転職市場にある求人の7割以上が、販売や営業の仕事だ。

販売や営業の仕事は、お客様との会話の中でニーズを引き出し、ニーズを満たすための商品を提案する能力が求められる。

そのため、コミュニケーション能力のない人材は、市場価値が低いということになる。

ただし、20代前半の人材は、柔軟な思考を持っているので、企業側は長期的に育成しようと考える。

20代前半なら、コミュニケーション能力に自信のない人でも、採用してくれる会社はたくさんあるのだ。

20代後半に差し掛かるまで、工場で務めた人間は、会話のキャッチボールが下手な人が多い。

なぜなら、他人とコミュニケーションを取りたくないから、工場勤務を選ぶという人が大半だからだ。

20代後半までに蓄積された、メンタルブロックを壊すのは、なかなか根気のいる作業だ。

工場から転職しようとする20代後半の多くが、「もういいや」「やっぱり自分には無理だ」「工場に戻ろう」という思考になってしまう。

だから私は、強く伝えたい。

工場から転職するなら、20代前半までに動くべきだ。

スポンサーリンク

工場勤務の闇に気をつけろ!肉体労働は将来性がない

工場勤務 地獄

工場勤務は、毎日同じ作業をくり返しているだけなので、思考停止になる。

工場の仕事だから、思考停止になるのは仕方ないことだが、仕方ないで済ませていると、底辺人生から抜け出せない。

ちなみに、Sさんが前職の工場を辞めた理由は、派遣切りされたからだ。

Sさんは派遣社員として工場勤務していたが、景気情勢の影響で工場の生産量が減り、派遣社員を雇う必要がなくなり、クビになったのだ。

Sさんは「派遣切りされたショックで、転職活動を始めるまでに1ヵ月かかった」と言っていた。

申し訳ないが、ここに同情する余地はない。

これは、ただの甘えだ。

派遣社員が派遣切りされるのは、誰でも想定できることだし、本来は自分が派遣切りされるほどの能力しかないことを悔やむべきだろう。

Sさんは、目先の楽な環境を選び続けてきたせいで、26歳になって路頭に迷ってしまったのだ。

工場勤務の末路がやばい!今すぐに行動しないと手遅れになる!

工場勤務 地獄

安易に転職をくり返す人もいるが、キャリアアップやステップアップの転職でない限り、転職回数は少ない方が無難だ。

「転職は10回しても大丈夫!」と言っている人たちは、めちゃくちゃ優秀な人たちで、前職でしっかり実績を残して転職しているのだ。

工場勤務の人は、転職は10回しても大丈夫という情報を真に受けてはいけない。

凡人レベルの人材では、20代で転職回数が4回以上あると、書類が通らなくなる。

さらに、前職の在職期間が短かったり、短期離職をくり返したりしている人も、書類で落ちる。

「面接でアピールするチャンスがほしい!」と思っても、面接官にそんな余裕はないのだ。

そのため、工場から転職したい人は、自分ひとりで転職活動を進めない方がいい。

何社応募しても、書類選考で落選するからだ。

工場から転職したいなら、転職エージェントに頼むのが1番いい。

転職エージェントの中には、ゴリ押しで何とか書類選考を通過させてくれる会社や、面接練習を丁寧にやってくれる会社もある。

工場勤務の人は、このような手厚いサポートをしてくれる転職エージェントを利用して、転職活動を進めていこう。

✔とりあえず登録すべき転職エージェント3社【すべて無料で利用できる】


【第二新卒エージェントneo】 :高卒・大学中退・Fラン大卒の20代の転職に強い。10時間以上の無料就職サポートあり。

ウズキャリIT :未経験からITエンジニアを目指せる。20代フリーター・ニートの内定率83%以上、無料のIT学習サポートあり。

JAIC :社会人経験のない20代30代の転職に強い。7日間の無料就職講座あり。

スポンサーリンク