飲食 辞めてよかった
  • 飲食店ってブラックなの?
  • 飲食の離職率が高いって本当?
  • 飲食で働く人の退職理由は何?

このような疑問に答えます。

飲食店の仕事は、元気で楽しそうなイメージがあるので、コミュ力が高くて明るい人たちが、選びやすい仕事です。

しかし、その一方で、労働時間の長さや休日の少なさによって、ブラック労働というイメージがあるのも事実です。

この記事を書いている私は、20代向けのキャリアアドバイザーをやっていますので、飲食店勤務の方の転職相談にもよく乗っています。

今回は私のところに転職相談にきた、元飲食店勤務の23歳男性・Sさんの体験談をもとに、飲食から転職する人たちの退職理由を解説していきます。

スポンサーリンク

飲食を辞めてよかった!マジできつい!【23歳男性の本音】

飲食から転職を決意する人の退職理由で、1番多いのは「長時間労働」です。

飲食業界は人手不足によって、社員の労働時間が長くなってしまい、休日も週1日しか取れないなどの状況になりやすいです。

そのため、飲食店で働く人の多くが、体力的な限界と将来性の不安が原因で、飲食を辞めていきます。

しかし、飲食経験者は口を揃えて、「飲食店の仕事内容は楽しい」と言います。

つまり、仕事は楽しいけど、長時間労働がきついという理由で、辞める人が多いのです。

では、私のもとに転職相談にきた、23歳男性・Sさんの場合はどうだったか?

正直、Sさんの退職理由は特殊ですね。

Sさんが飲食を辞めた理由は、同時並行の作業ができなかったからです。

スポンサーリンク

飲食店はストレスがやばい!向いてない人の特徴とは?

飲食 辞めてよかった

Sさんが勤めていたのは、大手飲食店のフランチャイズを営む会社でした。

全国展開している飲食店だったため、業務内容はすべてマニュアル化されており、調理時間や盛り付けなどが、完全に効率化されていました。

要するに、チェーン店の作業内容は、誰でもできるような仕組みになっているのです。

誰でもできるように設計された業務内容なのに、なぜSさんは耐えれなかったのか?

その理由は、同時並行の作業ができなかったから、です。

チェーン店には、毎日たくさんのお客様が来店するので、いかに効率よく料理を提供できるかが勝負になります。

注文を受けてから、ゆっくり時間をかけて、一品ずつ作っている余裕なんてありません。

お客様が求めるのは、「早い、安い、美味い」です。

お客様はこの中でも、特にスピードを重視します。

「チェーン店=すぐに料理が出てくる」というイメージを多くの人が持っているので、料理提供までのスピードが遅いとクレームになってしまいます。

個人店であれば、多少遅くても許されますが、チェーン店を利用するお客様は、短時間で食事を済ませたい人が多いのです。

ですから、飲食チェーン店で働く人には、マニュアル通りに、正確で素早く作業できる能力が求められます。

Sさんは、会社から求められる能力に対して、大きなプレッシャーを感じてしまい、飲食を辞める決意をしました。

スポンサーリンク

飲食店で働く理由を明確にしないと1ヶ月で辞めることになる!

飲食店 転職理由

飲食の仕事に興味はあるけど、正確性やスピードを求められる仕事だと耐えられないという人は、チェーン店の飲食店ではなく、個人店の飲食店で働くのがおすすめです。

個人店の場合、必要以上に従業員を雇用していないので、無理して来店客数を増やす必要のないお店もあります。

飲食店の最大の経費は人件費なので、従業員数が少なければ、無理して売上を取りにいかなくてもいいのです。

その代わり個人店で働くと、高額な年収や手厚い福利厚生などは期待できないので、その点は理解しておいてください。

飲食に就職はやめとけ!なんで!?

飲食から転職

飲食から転職するときは、自分の強みを活かせる転職をしましょう。

多くの人が飲食から転職する理由は、労働環境の悪さと年収への不満です。

飲食からの転職で、労働環境の改善と年収アップという目的を達成するためには、企業間取引がメイン事業の会社に転職するのがおすすめです。

しかし、飲食店勤務の人たちは、アルバイトや一般消費者としか関わっていないので、ビジネスマナーが身に付いていません。

ビジネスマナーが身に付いていないと、転職市場では不利になりやすいので、それをカバーできるくらいの自分の魅力を企業に伝える必要があります。

たとえば、店長として店の全てを任されていた、前年度比150%の売上を出した実績がある、数値目標を達成させるための習慣を身に付けた、など。

企業の採用担当に、「おぉ!」と思わせる前職での経歴を伝えましょう。

「そんなに自慢できる実績はない…」という方も、何とかひねり出して自己PRをつくってください。

嘘はダメですが、少し盛るくらいなら大丈夫です。

ここでは、前職の退職理由である「長時間労働」や「休日出勤」がアピール材料として使えます。

たとえば、以下のような感じです。

「前職では売上目標を達成させるために、〇時間の残業をし、休日は〇日しかない月もありました。しかし、この経験から目標達成のために諦めない習慣が身に付きました!」

これを言われたら、なんか前向きな印象が持てますよね?

面接でやる気と積極性が伝われば、ポテンシャルを評価されて、採用されることも多いです。

飲食から他業界への転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

✔とりあえず登録すべき転職エージェント3社【すべて無料で利用できる】


【第二新卒エージェントneo】 :高卒・大学中退・Fラン大卒の20代の転職に強い。10時間以上の無料就職サポートあり。

ウズキャリIT :未経験からITエンジニアを目指せる。20代フリーター・ニートの内定率83%以上、無料のIT学習サポートあり。

JAIC :社会人経験のない20代30代の転職に強い。7日間の無料就職講座あり。

スポンサーリンク