アパレル辞めたい 新卒

「アパレルを辞めたい…」
「アパレルの将来が不安で…」
「先輩社員がきつそう…」

このように思った新卒社員の方に向けて、記事を書いています。

何となく楽しそうだと思って、アパレル業界に就職する人は多いです。

しかし、収入の低さや休日の少なさ、将来への不安によって、20代30代の多くがアパレルを辞めていきます。

結論からいうと、アパレルを辞めたいと思ったら、アパレルで実績を残せたかを振り返ってみてください。

よく「3年は仕事を続けろ」とか言われますが、3年未満でも何かしらの実績を残せていれば、辞めてしまってOKだと思います。

ヨウジロウ
こんにちは。25歳までアパレル社員だった、ヨウジロウです。

記事を書いている僕は25歳まで年収280万円のアパレル社員でした。その後、IT業界の営業職に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代30代のアパレル社員の方向けに転職に役に立つ情報を発信しています。

この記事を読めば、アパレルを辞める前にやるべきことや、アパレルから転職を成功させる方法がわかります。

今回は「アパレル辞めたいと思った新卒社員がとるべき行動」について解説していきます。

それでは、さっそく見ていきましょう〜。

スポンサーリンク

アパレルを辞めたい新卒社員はいつ辞めるのがベスト?

「仕事量と給料が見合わない…」
「友達と休みが合わない…」
「将来に不安を感じる…」

このような理由で、アパレルを辞めたいと考える、新卒社員は多いです。

僕は25歳のときに、新卒で入社したアパレルを辞めましたが、給料の安さと将来への不安が、僕の行動の原動力でした。

僕は「仕事は3年は続けろ」という、誰が言ったかもわからない迷信を信じて、ちょうど3年経ったタイミングで、アパレルを辞めました。

正直いま考えると、3年続けた意味があったのかは不明です。

個人的には、2年でも良かったかも、と思っています。

ただし、3年待つ必要がないとはいえ、1年未満で辞めるのはリスクが大きいです。

1年未満の退職を、避けたほうがいい理由はこちらです。

  • 転職の書類選考が通りにくい
  • アパレルでの実績が残せない
  • 社会で使えるスキルが身につかない

この中でも、書類選考が通らないのは、かなり深刻な問題です。

我慢して何年も続ける必要はないですが、いま辞めると転職で不利にならないか、を想定しておきましょう。

スポンサーリンク

新卒社員がアパレル辞めたいと思う理由

新卒社員がアパレルを辞めたいと思う理由には、さまざまな理由があります。

アパレル業界で働く、新卒社員のよくある退職理由はこちらです。

  • 給料が安くて生活できない
  • 立ちっぱなしで体力的にきつい
  • 友達と休みが合わない
  • 土日休みの仕事に就きたい
  • ブランドイメージと年齢が合わない
  • アパレルの仕事に飽きた
  • 将来に不安がある

アパレルの給料は、低めに設定されていることが多く、僕のアパレル時代は年収280万円しかありませんでした。

僕はマーチャンダイザーをやっていたので、年収280万円でも社内では、まだマシなほうでした。

ちなみに、デザイナーたちが年収240万円くらい、販売員たちが年収220万円くらいでした。

アパレル業界はお洒落で華やかにみえるので、いつの時代も新卒の若者たちに人気があります。

毎年ファッションが好きな新卒社員たちが、目をキラキラさせて入社してきますが、入社後1~3年でほとんどの社員が辞めていきます。

ちなみに、僕と同期だった新卒社員は、入社3年で3分の1に減り、5年後には10分の1になりました。

アパレル業界の従業員は、毎年の新陳代謝で成り立っているのです。

スポンサーリンク

僕が新卒入社した超ブラックなアパレル企業の話

アパレル辞めたい 新卒

いま振り返ってみると、僕が新卒で入社したアパレル企業は、なかなかのブラック企業だったと思います。

僕が働いていたアパレル企業は、そこそこの規模がある老舗企業だったので、部長や取締役たちは40代後半~50代のおじさんでした。

この会社の従業員の年齢構成が面白くて、「20代前半の社員が多数・30代の社員がほとんどいない・40代50代の社員がパラパラ」という感じでした。

つまりほとんどの社員が、20代半ばで辞めていくということです。

そのため40代50代の部長クラスのおじさんたちは、日常茶飯事のパワハラや暴言など、やりたい放題やっていました。

世間のことを何も知らない、20代前半の新卒社員たちは、これが社会なのだと思って、黙って耐えるしかありませんでした。

僕は服が好きだったので、仕事自体はそこそこ楽しかったのですが、この部長たちの精神的なストレスに耐えられず、「なぜこんな扱いを受けなければいけないのか?」と思い、25歳でアパレルを辞めました。

ちなみに、この数年後に会社の経営が悪化して、パワハラ部長たちは強制的に解雇されたようです。

アパレル一筋で40代50代まで勤めた会社を、突然リストラされるというのは、かなり悲惨な末路ですね。

それまでに若者にしてきた、パワハラのしっぺ返しがきたのかもしれません。

アパレルで実績があれば3年続ける必要はない

「仕事は3年は続けるべきだ」という、謎の迷信を信じている方は多いと思います。

僕もこの言葉を信じて、3年間アパレルの仕事に耐えました。

しかし、実際に自分が転職してみて感じることですが、勤続年数3年でも2年でも、さほど大差はありません。

勤続年数が1年未満の退職は、転職時の書類選考が通らないので、避けるべきだと思いますが、1年以上働いているなら、そこまで勤続年数を気にする必要はないです。

勤続年数よりも大事なのは、アパレルで残した実績です。

アパレル販売員なら売上目標の達成率、アパレル店長なら店舗運営とマネジメント経験、マーチャンダイザーやデザイナーなら自分が企画した商品、などの実績です。

アパレル時代の実績が数字や形でアピールできると、書類選考や面接でかなり有利になります。

売上目標を追いかけていた経験や、ひとつの企画を遂行してきた経験は、ほかの業界や職種でも活かせることが多いです。

そのためアパレルから異業種への転職でも、このような仕事に対する姿勢が評価されて、採用されることは十分あります。

その反対に、何も実績を残していない状態で退職すると、なかなか採用してもらえません。

たとえば、売上目標を与えられていないアパレル販売員や、アシスタント業務しかやっていないデザイナーやマーチャンダイザーは、数字や形で表現できる実績がないですよね。

この場合は、「勤続年数3年」という継続力をアピールする必要があるので、とりあえず3年間は続けた方がいいかもしれません。

アパレル辞めたいと思ったら自己分析をしよう

アパレル辞めたい 新卒

アパレルを辞めたいと思った新卒社員の方は、勢いで会社を辞める前に、とりあえず自己分析をしましょう。

転職後のビジョンや方向性が固まっていない状態で、会社を辞めてしまうと、転職で失敗するリスクがあります。

「アパレルの仕事がきつくて、精神も肉体も崩壊しそうだ…」という極限状態じゃない人は、いったん時間を確保して、将来設計を考えてみましょう。

  • なぜアパレルを辞めたいのか?
  • 5年後、10年後にどうなりたいのか?
  • そのために転職で何を手に入れたいのか?

上記の質問に対する答えくらいは、最低限まとめておきましょう。

目的地のない状態で歩き始めても、自分が望む人生は手に入りません。

まずは目的地を明確にして、その次に目的地までたどり着くルートを考えて、ある程度の道筋がみえたら行動に移しましょう。

自己分析は手間がかかりますが、これをサボると転職に失敗して、履歴書に不要な経歴が増える可能性が高いです。

ですから、アパレルを辞めたいと思った新卒社員の方は、とりあえず自己分析から始めてください。

自己分析は自分ひとりでやってもいいですし、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談しながらやってもいいですよ。

ヨウジロウ
僕は26歳の時に転職エージェントを利用して、アパレルから年収500万円のIT社員に転職できました。

✔とりあえず登録すべき転職エージェント3社【すべて無料で利用できる】


【第二新卒エージェントneo】 :高卒・大学中退・Fラン大卒の20代の転職に強い。10時間以上の無料就職サポートあり。

ウズキャリIT :未経験からITエンジニアを目指せる。20代フリーター・ニートの内定率83%以上、無料のIT学習サポートあり。

JAIC :社会人経験のない20代30代の転職に強い。7日間の無料就職講座あり。

まとめ

この記事のまとめです。

  • アパレルの新卒社員は20代半ばまでにほとんど辞める
  • 退職理由の多くは「給料の安さ・休日の少なさ・将来への不安」
  • アパレルで実績があれば3年続ける必要はない
  • アパレルを辞めたいと思ったら自己分析してみよう
  • アパレルを辞めた後の将来設計を立ててから転職活動を始めよう

毎年アパレル業界には、多くの新卒社員が入社します。

しかしそのほとんどが、20代半ばで退職していきます。

ですから、アパレルを辞めたいと思うのは、ごく普通のことなのです。

でも「仕事が嫌になったから辞める」というだけで、転職活動を進めるのはリスクが大きいです。

将来どうなりたいのか、そのために必要なことは何か、それを手に入れるための転職先はどこか、その転職先に入社するために何ができるか、という感じで逆算して考えましょう。

ずっと憧れていたアパレル企業を辞めるときは、ある程度の勢いも大事ですが、それよりも将来の計画をつくる方が大事です。

しっかりと計画を立てて、転職サイトや転職エージェントを利用しながら、自分に合った会社を探してくださいね。

ヨウジロウ
本気で人生を変えたい方は、今すぐ転職エージェントに登録しましょう!

✔とりあえず登録すべき転職エージェント3社【すべて無料で利用できる】


【第二新卒エージェントneo】 :高卒・大学中退・Fラン大卒の20代の転職に強い。10時間以上の無料就職サポートあり。

ウズキャリIT :未経験からITエンジニアを目指せる。20代フリーター・ニートの内定率83%以上、無料のIT学習サポートあり。

JAIC :社会人経験のない20代30代の転職に強い。7日間の無料就職講座あり。

スポンサーリンク