アパレル 正社員 きつい

「アパレルの正社員がきつい…」
「アパレルの労働時間が長すぎる…」
「アパレルの給料が低くて厳しい…」

このような悩みを抱える、アパレルの正社員の方に向けて記事を書いています。

アパレルの正社員を続けていると、遅かれ早かれ、仕事がきついと思う瞬間がやってきます。

アパレルの仕事は夢や希望に満ちていますが、そのいっぽうで長く続けていると限界を感じる仕事でもあります。

では、なぜアパレルの正社員はきついのか?

結論からいうと、アパレルの正社員がきつい理由は、長時間労働なのに低賃金だからです。

これは、アパレル業界自体のビジネス構造が「労働集約型モデル」というところに原因があります。

ヨウジロウ
こんにちは。25歳までアパレル社員だった、ヨウジロウです。

記事を書いている僕は25歳まで年収280万円のアパレル社員でした。その後、IT業界の営業職に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代30代のアパレル社員の方向けに転職に役に立つ情報を発信しています。

この記事では「アパレルの正社員がきつい理由」を中心に解説していますので、「アパレルの仕事がきついから辞めようか迷っている…」という方のヒントになるはずです。

それでは、さっそく見ていきましょう〜。

スポンサーリンク

アパレルの正社員がきつい理由は長時間労働と低賃金です!

アパレル 正社員 きつい

アパレルの正社員がきつい理由は「長時間労働」と「低賃金」が原因です。

アパレル業界は、外からだとキラキラして見えるので、毎年多くの若者が新卒で入社します。

そのいっぽうで、同じくらい多くの20代が、毎年アパレル業界を辞めていくのも事実です。

僕が働いていたアパレル企業は、同期で入社した15名のうち13名が、20代で異業種に転職していきました。

これだと、離職率は約9割になりますね。

ちなみに今でも残っている2名は、1名が総務人事の女性、もう1名は店舗スタッフの女性です。

ぶっちゃけアパレル業界のようにお洒落で華やかに見える世界は、「やりがい搾取」といわれており、やりがいを武器に長時間労働させる会社が多い印象です。

アパレル以外だと美容業や飲食業などのサービス業も、やりがい搾取が多発していますね。

スポンサーリンク

なぜアパレルの正社員は給料が安いのか?

アパレル 正社員 きつい

僕は大学卒業後の新卒からアパレル業界で3年働いていましたが、3年目の年収は280万円でした。

ちなみに僕の友人のアパレル社員も、だいたい年収200〜300万円くらいでした。

ではなぜ、アパレルの正社員の給料は安いのでしょうか?

これは、アパレル業界のビジネスモデルそのものに原因があります。

そもそもアパレル業界自体が、利益を従業員の給料に還元されにくい構造になっているのです。

アパレルの給料の低さをデータで確認するために、「TCK経営指標」を参考にしてみましょう。

TCK経営指標によると、アパレル業界の「1人あたりの人件費(年間)」は次のとおりです。

  • 婦人服小売業:275万1,000円
  • 他の織物・衣服・身の回り品小売業:355万5,000円
  • その他の衣服卸売業:552万9,000円

アパレル業界の仕事は、川下と呼ばれる「店舗スタッフ」から川上と呼ばれる「本社機能(商品企画など)」があります。

上記の「1人あたりの人件費」をみると、川下は給料が低くて、川上は給料が高いですね。

アパレル業界で働く多くの人が、川下の店舗スタッフとして働いていますので、人件費の目安は「275万1,000円」だということです。

ここから社会保険料などの税金を差し引くと、給料として支払われている人件費は「約250万円」になります。

給料のことだけを考えると、TCK経営指標の1人あたりの人件費が「年間400万円以上」の業界を選んでおかないと、将来も経済的に厳しい状態が続きます。

スポンサーリンク

アパレルの正社員は社歴が長いほど過剰労働になる!?

アパレル 正社員 きつい

アパレルの正社員は、社歴が長くなるほど過剰労働になる、という印象です。

実際に僕が働いていたアパレル企業では、役員クラスになると「毎朝7時から社内会議があり、退社は21時過ぎが当たり前」という感じでした。

つまり、役員クラスの労働時間は「13時間」ということになります。

アパレル店長をやっていた僕の友人の場合だと、毎月2〜3日しか休みが取れず、「年間休日40日未満」というハードな労働環境でした。

アパレル店長だと、急にバイトが休んだときにフォローで出勤したり、店舗の売上目標を達成するためにサービス出勤したり、ということも多々あるようです。

末端の新卒社員の場合は、ここまで過重労働にはなりませんが、働けば働くほど労働環境がハードになっていく、というのは結構きついですね。

「あんなに大変なら出世したくない…」というアパレル社員がいても、別におかしくないと思います。

アパレルの正社員がきついと痛感するのは20代後半から

アパレル 正社員 きつい

「アパレルの正社員がきつい…」と痛感するのは、だいたい26歳前後です。

20代後半になると、30歳の自分が見えてきて、このままアパレルで働き続けることに、不安を感じるようになります。

多くのアパレル社員が、20代後半で抱える悩みは次のとおりです。

  • 今の年収のままで大丈夫か…
  • 30歳以降も続けられるのか…
  • 何もスキルが身についていない…
  • 川上のポジションが空きそうにない…

僕は25歳でアパレルを辞めましたが、僕の場合は「年収とキャリアアップに限界を感じた」のが退職理由です。

20代前半までは、給与やスキル面において、周囲の友人ともそれほど差はないと思いますが、20代後半からはその差が一気に開きます。

20代後半になると、年収500万円稼ぐ友人や、大きなプロジェクトを任される友人が出てくるので、その友人と自分を比較したときに惨めな気持ちになります。

これによって、「俺だってもっとやれる!」という気持ちが強くなり、アパレルから転職する理由になるのです。

アパレルから営業職に転職した僕の現在はどうなった?

アパレル 正社員 きつい

ここでは実際にアパレルから転職した、僕の体験談を紹介しておきます。

僕は大学を卒業後、新卒で某アパレル企業(資本金1億円・従業員500名)に入社しました。

僕は商品企画(マーチャンダイザー)の仕事を3年間やりましたが、25歳の時にアパレルでのキャリアに限界を感じて、会社を辞めました。

どの会社で働いていても、その会社の上司が自分の未来になります。

僕の場合は、5年後、10年後の未来に「上司と同じような人生をたどるのが嫌だ」と思って、転職を決意しました。

結果的にWEB業界の営業職に転職して、28歳で年収500万円稼げるようになりました。

アパレル時代は年収280万円だったので、年収は2倍近くまで増えましたね。

給料が増えたのも嬉しかったのですが、僕が思う転職による最大のメリットは、「人生の選択肢が圧倒的に広がった」ことです。

WEB業界の営業職は、さまざまな業界の経営者と話をする機会が多く、仕事をしながら各業界の知識や経営者のマインドを吸収できます。

これは、要するに「お金をもらいながら勉強ができている状態」ですね。

今の時代、同じ会社で生涯働き続けるのは無理だと思うので、人生の選択肢を増やすためにも、知識の幅を広げておくのは重要だと思います。

僕の場合は、WEB業界の営業職をやりつつ、企業相手のWEBコンサルティング・経営アドバイザー・採用コンサルティング、求職者相手のキャリアアドバイザー、WEBメディア運営などもおこなっています。

今の僕は、会社で仕事をしつつ、個人でも仕事をしている状態なので、将来に対するリスクヘッジが結構できていると思います。

25歳の時にアパレルを辞めていなかったら、絶対に手に入らなかった未来を僕は生きています。

あなたも人生の可能性を広げたいなら、アパレルから異業種に転職するのがおすすめですよ。

理想の未来を手に入れるために、今日から行動してみませんか?

✔とりあえず登録すべき転職エージェント3社【すべて無料で利用できる】


【第二新卒エージェントneo】 :高卒・大学中退・Fラン大卒の20代の転職に強い。10時間以上の無料就職サポートあり。

ウズキャリIT :未経験からITエンジニアを目指せる。20代フリーター・ニートの内定率83%以上、無料のIT学習サポートあり。

JAIC :社会人経験のない20代30代の転職に強い。7日間の無料就職講座あり。

【まとめ】アパレルの正社員がきつい理由

この記事のまとめです。

  • アパレルの正社員がきつい理由は長時間労働と低賃金
  • アパレルの正社員は社歴が長いほど過剰労働になる
  • アパレルの正社員がきついと痛感するのは20代後半から
  • アパレルの給料が安いのはビジネスモデルに原因がある
  • アパレルから営業職に転職すると人生の選択肢が増える

今回は「アパレルの正社員がきつい理由」について解説しました。

この記事の内容は、決してアパレルの仕事を否定するものではありません。

僕自身が、学生の頃にアパレル業界に憧れていましたし、実際にアパレル業界で働いた3年間はやりがいもあって楽しかったです。

僕に「アパレル業界で10年20年働き続ける」という覚悟があれば良かったのですが、自分の人生の選択肢にそれがなかったというだけです。

もっと早く年収を稼ぎたかったですし、もっと急速に成長したいと思っていたので、自分の目的を達成するためには転職するしかない、という結論になりました。

実際に僕は「アパレルから転職」という行動をして、人生の選択肢は大きく広がりました。

もし今のあなたが、「アパレルの仕事がlきつい…」と悩んでいるなら、思いきって行動してみるのがおすすめです。

とにかく行動してみないと、人生は何も変わりませんからね。

行動せずに後悔することは多々ありますが、行動して後悔することはほとんどありません。

ぜひこの機会に、今から何か始めてみませんか?

ヨウジロウ
僕は26歳の時に転職エージェントを利用して、アパレルから年収500万円のIT社員に転職できました。

✔とりあえず登録すべき転職エージェント3社【すべて無料で利用できる】


【第二新卒エージェントneo】 :高卒・大学中退・Fラン大卒の20代の転職に強い。10時間以上の無料就職サポートあり。

ウズキャリIT :未経験からITエンジニアを目指せる。20代フリーター・ニートの内定率83%以上、無料のIT学習サポートあり。

JAIC :社会人経験のない20代30代の転職に強い。7日間の無料就職講座あり。

スポンサーリンク