アパレル 正社員 給料

「アパレル正社員の給料はいくら?」
「アパレルの給料が安いってホント?」
「アパレルの仕事は稼げないの?」

このような疑問に答えます。

アパレルの仕事に興味があっても、実際に給料がいくら稼げるのか気になりますよね。

結論からいうと、アパレルの正社員の給料は「年収200万円〜300万円」ぐらいが平均ですね。

アパレル社員の給料は、どの職種で働くかによって異なりますが、平均でいうと年収250万円前後という感じです。

ヨウジロウ
こんにちは。25歳までアパレル社員だった、ヨウジロウです。

記事を書いている僕は25歳まで年収280万円のアパレル社員でした。その後、IT業界の営業職に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代30代のアパレル社員の方向けに転職に役に立つ情報を発信しています。

この記事では、僕の実体験をもとに「アパレルの正社員の給料」について解説しています。

この記事を読めば、アパレルの正社員が実際にいくら稼げるかを理解した上で、アパレルに就職するべきかどうかを判断できます。

それでは、さっそく見ていきましょう〜。

スポンサーリンク

アパレルの正社員の給料はいくら?元アパレルの僕がぶっちゃけます!

アパレル 正社員 給料

「アパレルの正社員の給料っていくらなの?」

アパレルの仕事に興味を持っている方の多くが、このような疑問を抱くことでしょう。

アパレル業界はお洒落でキラキラして見えるので、ファッションが好きな若者がたくさん集まります。

アパレル企業に入社する人の志望動機は、次のとおりです。

  • ファッションが好きだから
  • 好きなことを仕事にしたかった
  • アパレルショップでバイトしていたから
  • 将来自分のブランドを作りたかった
  • スーツを着て働きたくなかった
  • 普通のサラリーマンになりたくなかった

このような感じで、ファッションが好きで、普通のサラリーマンになりたくない人が多いですね。

実際に僕が働いていたアパレル企業では、スーツを着る機会は年に1回あるかどうかで、服装も髪型も自由でした。

そのため通勤の格好だけを見ると、学生なのか社会人なのか、ほとんど見分けが付かない状態だったと思います。

確かに「好きなことを仕事にする」のは楽しいのですが、3年、5年と月日が経つにつれて、自分の年収の低さやスキルの身についてなさに、危機感を覚えるようになるんです…。

僕はアパレル3年目の時に、年収280万円しか稼げておらず、このままだと将来ヤバいと思って、異業種への転職を決意しました。

スポンサーリンク

アパレル正社員だった僕の給料は年収280万円でした

アパレル 正社員 給料

僕は大学を卒業後、某アパレル企業に新卒で入社し、本社で商品企画(マーチャンダイザー)の仕事をしていました。

商品企画の仕事は、アパレル業界では「川中」と呼ばれており、アパレル全体でみると希少価値の高い職種です。

ちなみに、アパレル業界は「川上・川中・川下」と分類されており、それぞれの業務内容は次のとおりです。

  • 川上:繊維素材の製造をする仕事
  • 川中:商品づくりをする仕事
  • 川下:店頭で商品を販売する仕事

ファッションが好きな人の多くは、川中の仕事に憧れて、アパレル業界に入社します。

しかし「川下→川中→川上」という順番で、募集人数が少なくなっていくため、アパレル業界で働くほとんどの人は、川下に留まることになります。

アパレル業界の給料に関しては、川下→川中→川上の順番に年収が高くなっていきます。

多くの人が、川下で経験を積んでから川中に上がっていくのですが、僕の場合は、たまたま数年に1名の商品企画の席が空き、ラッキーで川中の商品企画のポジションで入社できました。

自分がやりたかった仕事だったので、仕事自体は楽しかったのですが、3年経っても年収280万円しかもらえない状況と、同職種の8年先輩の年収も自分と大差ない状況に疑問を感じて、将来に対する不安が増大していきました。

僕が働いていた某アパレル企業では、川下のショップ店員の給料はさらに年収が低かったので、彼らよりはマシな給料をもらっていましたが、社内という狭い世界で比較してもあまり意味がありません。

社会全体で見れば、「25歳で年収280万円」というのは、結構な低収入です。

スポンサーリンク

アパレルで年収400万円以上稼ぐのは無理ゲーです

アパレル 正社員 給料

「アパレルで年収400万円稼ぎたい!」と考えている人もいると思います。

結論をいうと、アパレルで年収400万円以上を稼ぐのは、無理ゲーだと思ったほうがいいですね。

アパレル業界で働くと、好きなことを仕事にできたり、自己顕示欲が満たされたり、やりがいをモチベーションに働けたりします。

しかし、お金を稼ぐことは、めちゃくちゃ難しいです。

はっきり言って、お金を稼ぎたい意欲が強い人は、アパレル業界を選ぶべきではありません。

アパレル業界そのものが、従業員がお金を稼ぎにくい構造になっているからです。

僕が勤めていた某アパレル企業の年収例は、次のとおりです。

  • 入社3年目・商品企画・25歳男性:年収280万円
  • 入社5年目・商品企画・27歳女性:年収295万円
  • 入社8年目・商品企画:30歳男性:年収310万円
  • 入社3年目・ショップ店員・21歳女性:年収200万円
  • 入社5年目・ショップ店員・27歳女性:年収280万円

20代で年収400万円稼げていれば、そこそこの年収をもらっている状態だと思いますが、上記のとおりアパレル業界だと、20代で年収400万円は全く見えません。

もし20代で年収400万円以上を稼ぎたいと思うなら、アパレル以外の業種を選ぶべきです。

アパレルの給料が低い理由は従業員の生産性が低いからです。

なぜアパレルの給料は低いのか?

アパレル 正社員 給料

アパレル業界の給料が低い理由は、アパレル業界で働く従業員の生産性が低いからです。

生産性とは「従業員1人あたりが、会社にどれだけの利益を生み出せるか?」を表す指標です。

ここで、あなたも想像してみてください。

1枚5000円のTシャツを販売するアパレルショップと、1台5000万円の精密機器を販売する製造メーカーとでは、どちらが儲かりやすいと思いますか?

普通に考えて、後者の製造メーカーの方が儲かりそうですよね?

極端にいうと、これがアパレル業界の給料が低い理由なのです。

商品単価が低い→商品の利益額が低い→会社に大きな利益が生まれない→従業員の給料に還元できない→給料が低くなってしまう

こんなイメージですね。

ですから、給料が第一優先なら、従業員への給与還元率の高い業界を選ぶ必要があるのです。

残念ながら、アパレル業界の給与還元率は低いです。

アパレル社員が底辺から抜け出す方法とは?

アパレル 正社員 給料

ここまで、アパレル正社員の給料の実態や、アパレル業界の給料が低い理由についてお伝えしてきました。

とはいえ、アパレル業界への憧れを、断ち切れない方も多いと思います。

そのような方は、低収入になることを覚悟で、アパレル業界に挑戦してみれば良いと思います。

長い人生において、アパレル社員の経験が無駄になるわけではないので、やってみたいと思うなら、とりあえずやってみるべきです。

ただし、期間限定でやるのがおすすめです。

僕の感覚でいうと、遅くても「28歳まで」には、アパレルから異業種に転職した方がいいですね。

実際に転職活動を始めてみるとわかりますが、ぶっちゃけ28歳を過ぎると、未経験者を採用してくれる企業が一気に少なくなります。

ですから、転職は「26歳前後」で行動しておくのがベストです。

アパレル業界を経験すると、仕事でコミュニケーション能力が身についていますので、これが転職市場では武器になります。

僕の個人的な意見としては、アパレルから転職するなら「WEB業界の営業職」がおすすめです。

なぜなら僕自身が、アパレル社員からWEB業界の営業職に転職して、年収280万円から年収500万円稼げるようになりましたし、WEB関連の知識やスキルが身についたことによって、自分個人でやれることも増えました。

営業スキルとWEB系のスキルを身につけておけば、副業もしやすいですし、転職もしやすくなるので、経験しておいて損はないと思いますよ。

さて、あなたはどのような未来を手に入れますか?

【まとめ】アパレルの正社員の給料はいくら?

この記事の内容をまとめておきます。

  • アパレルの正社員の給料は年収250万円前後
  • アパレル3年目の僕の年収は280万円だった
  • 川下よりも川中の方が給料は稼げる
  • アパレルで年収400万円以上稼ぐのは無理ゲー
  • アパレルの給料が低い理由は従業員の生産性が低いから
  • アパレルから転職するならWEB業界の営業がおすすめ

今回は僕の実体験を踏まえて、アパレルの正社員の給料のリアルをお伝えしました。

僕自身は、アパレルの仕事自体は好きで、不満はありませんでしたが、将来のキャリアプランを考えると限界を感じて、結果的には転職しました。

とはいえ、アパレル業界で身に付けたコミュニケーション能力は、退職して何年も経った今でも仕事で活きています。

でも、アパレル業界で商品企画を経験した3年間と、WEB業界で営業職を経験した3年間を比べると、圧倒的に後者の方が成長できました。

人生における価値観は人それぞれですが、これから先に何が起こるかわからないので、今のうちに個人の知識やスキルを高めておかないと、時代の変化に対応できなくなります。

あなたが今日、どのような行動をするかで、人生は大きく変わりますよ。

ヨウジロウ
僕は26歳の時に転職エージェントを利用して、アパレルから年収500万円のIT社員に転職できました。

✔とりあえず登録すべき転職エージェント3社【すべて無料で利用できる】


【第二新卒エージェントneo】 :高卒・大学中退・Fラン大卒の20代の転職に強い。10時間以上の無料就職サポートあり。

ウズキャリIT :未経験からITエンジニアを目指せる。20代フリーター・ニートの内定率83%以上、無料のIT学習サポートあり。

JAIC :社会人経験のない20代30代の転職に強い。7日間の無料就職講座あり。

スポンサーリンク