フリーターから正社員 難しい

フリーターから正社員になりたい人『年齢的にフリーター生活も限界になってきたから、そろそろ就職したい。でもフリーターから正社員になるのは難しいのかな…。どうすればいいの?』

このような方に向けて、この記事を書いています。

夢を追いかけて就職しなかったり、家庭の事情で就職できなかったり。フリーターの人には、さまざまな事情があると思います。

でも20代半ばに入ると、30代の自分をリアルに想像するようになり、急に将来が不安になってきますよね。

しかしフリーターを続けてきた人の中には、『フリーターから正社員になるのは難しい』と思っている人も多く、なかなか一歩が踏み出せないようです。

では、フリーターから正社員に就職したい人は、具体的にどうすればいいのか?

結論からいうと、フリーターから正社員になりたいなら、『フリーター向けの就職支援サービス』を利用するべきです。

就職活動の経験がないフリーターの方が、自分ひとりで就活すると、失敗しやすいので、絶対にプロに頼ったほうがいいです。

ドフラ
こんにちは。26歳まで年収190万円だった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円のフリーターでした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

今回は僕が実際に話を聴いた、元フリーターのKさん(25歳男性・仮名)の体験談をもとに、『フリーターから正社員になるのが難しい理由』から『フリーター向けの就職支援サービス』までを解説していきます。

ちなみに、Kさんはフリーター歴3年の状態から、就職支援サービスを利用して、IT業界の営業職に転職した経験があります。

この記事を読めば、今までずっとフリーターだった方でも、高確率で正社員に就職する方法がわかります。

3分で読める内容なので、それではいきましょう。

『自分に向いてる仕事が知りたい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

スポンサーリンク

フリーターから正社員は難しい?利用すべき就職支援とは?【体験談あり】

まずは、今回紹介する、元フリーターの『Kさん(25歳男性・仮名)』の簡単な経歴をお伝えします。

Kさんは大学を卒業後、ご家族の介護をしなければならなかったため、新卒で正社員に就職せず、時間の融通がきくフリーターを選びました。

Kさんがやっていたアルバイトは、某レンタルDVDショップの店員です。

早朝にご家族を病院へ連れていき、そのあとはデイサービスへ送り届け、昼過ぎから夜までアルバイトをして、その後またデイサービスに迎えに行く、という生活を約3年送っていました。

その後、ご家族が施設に入居できることが決まり、Kさんは正社員として就職することを決意します。

しかし就職活動の経験が全くなかったため、何社応募しても8割は書類で落選、面接に進んだ2割もほぼ全て不採用、という結果でした。

ちなみに、『工場勤務の派遣社員』の1社だけ内定が出ましたが、どうせなら正社員として働きたいと思い、その会社は辞退しました。

その後、自分ひとりでは正社員に就職するのは無理だ…と考え、『フリーター向けの就職支援サービス』に登録したのです。

就職支援サービスを利用し始めてから、約2ヶ月でフリーターからIT業界の営業職に、転職することが決まりました。

Kさんは就職支援サービスについて、『フリーターから応募できる正社員求人をたくさん紹介してもらえたことや、企業ごとの面接対策をしっかりやってもらえたことが、良かったですね!』と言っています。

ここからは、25歳までフリーターだった、Kさんの体験談をもとに、『フリーターが就活で注意すべきポイント』から『フリーターから正社員になった後の未来』までを詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

フリーターが就活で注意すべきポイントとは?

フリーターが就活で注意すべきポイントは、次のとおり。

  • 就職する目的を明確にしておく
  • 志望理由を明確にしておく
  • 職務経歴書でバイトの経歴もアピールする
  • フリーターが採用される企業に応募する
  • 企業ごとに面接対策をしっかりおこなう
  • 面接で就職への熱意を思いきり伝える

フリーターを採用する企業側としては、『なぜこのタイミングでフリーターから正社員になろうと思ったのか?』が気になるところです。

正社員経験のないフリーターは、仕事での実績で勝負できないので、『就職に対する意思の強さ』を最大にアピールしましょう。

基本的に人間は『感情で行動する生き物』なので、面接官の感情を揺さぶれるかが勝負です。

上記の6つのポイントは全て大切ですが、極論をいうと『とにかく御社の正社員に就職して活躍したい!』ということが伝わればOKだと思います。

スポンサーリンク

フリーターからなれる職業とは?【元フリーターが教えてくれた】

ではフリーターからなれる職種には、どのようなものがあるのか?

ここでは、元フリーターのKさん(25歳男性・仮名)が、実際に転職エージェントから紹介された職業をみていきましょう。

  • IT企業の営業職
  • 建設商社の営業職
  • 家電商社の営業職
  • 電力削減の営業職
  • IT企業のITエンジニア
  • 施工管理
  • 宅配ドライバー
  • 機械のメンテナンス
  • モバイルショップの販売員
  • 飲食店スタッフ
  • セキュリティスタッフ
  • 倉庫管理

上記のとおり。

本人の性格や特性によって、チャレンジしてみたい職業とそうでない職業があると思います。

ただ、将来性を考えると、Kさんのように『IT系』『営業職』を選んでおくのがおすすめですね。

営業職は転職市場での需要が高いため、一度経験しておけば、その後いろいろな業界に転職することができます。

またIT業界は市場全体が伸びていることに加え、将来的に副業や起業をするときに、『仕事の経験がそのまま活かせる』というメリットがあります。

記事を書いている僕は、IT業界の経験を活かして、副業とかもやっていますからね、

まとめ:フリーターは就職支援を利用して就活しよう

『フリーターから正社員に就職したい!』と考えている方は、今すぐに就職支援サービスに登録するのがおすすめです。

僕も26歳までフリーターだったので、よくわかるのですが、フリーターの生活が楽すぎて、なかなか行動できないんですよね。

僕は友人が就職支援サービスを紹介してくれたおかげで、なんとか26歳で正社員になれましたが、それがなかったらと思うと、本当に恐ろしいです…。

ここだけの話、フリーターから正社員になりたいなら『27歳までが限界』だと思いますよ。

年を取るほど、未経験から応募できる求人が減っていきますからね。

30歳前後の中途社員には、即戦力として活躍できる知識と経験を求める企業も多いので、先輩や上司から『若いから仕方ないな~』と言ってもらえるうちに、正社員になっておきましょう。

もしあなたが、『いつかは正社員になりたい!』と考えているなら、行動を先延ばしにするのは、リスクでしかありません。

『明日やろうはバカ野郎だ!』という言葉もあるので、ぜひこの機会に行動してみませんか?

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する無料適職診断テストを受けるのがおすすめですよ。
スポンサーリンク