フリーター 抜け出せない
フリーターを抜け出せなくて悩んでいる人『年齢が30歳に近づいてきて、金銭的にもきついからフリーターを抜け出したい。でも就職先が決まらず、なかなかフリーターを抜け出せない…。』

このような方に向けて、記事を書いています。

結論からいうと、フリーター抜け出せない理由は、以下のとおりです。

  • 経済的な理由で収入を途切らせられない
  • 専門スキルがないから自己肯定感も低い
  • 対人関係やコミュニケーションに不安がある

フリーターはストレスがなくて気楽かもしれませんが、人生をラクしている分、失っているものも多いです。

特に『いずれは正社員に就職したいと思っている』という方は、できるだけ若いうちに就職しておかないと、非正規労働者から一生抜け出せないリスクもある…。

とはいえ、世の中にはフリーターから抜け出して、人生をやり直している方もいますので、今すぐに行動して、あなたの理想の未来を手に入れましょう。

ドフラ
こんにちは。26歳までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計975名の方にインタビューしてきたので、フリーターの就職のリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、26歳でフリーターから人生やり直した僕が、『フリーター抜け出せない人の3つの共通点』から『フリーターが就活で失敗しない方法』までを解説していきます。

この記事を読めば、フリーターの未来に不安を抱えている方でも、人生を変えるための一歩が踏み出せるようになります。

3分ぐらいで読める内容なので、さっそく見ていきましょう〜。

『今すぐにフリーターから正社員に就職したい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

フリーター抜け出せない人の3つの共通点【批判される人生は辛い…】

フリーター 抜け出せない

『フリーターから正社員に就職したいと思って、就活を始めてみたものの、なかなか就職が決まらず、全然フリーターを抜け出せない…』という方は多いです。

結論をいうと、フリーター抜け出せない人には、3つの共通点があります。

  • 経済的な理由で収入を途切らせられない
  • 専門スキルがないから自己肯定感も低い
  • 対人関係やコミュニケーションに不安がある

フリーターを抜け出せない原因がわかれば、就活のやり方を改善することができるので、正社員への就職にもグッと近づけますよ。

ここからは、『フリーター抜け出せない人の3つの共通点』をそれぞれみていきましょう〜。

フリーター抜け出せない人の共通点①:経済的にきつい

フリーター 抜け出せない

フリーター抜け出せない人の1つ目の共通点は、『経済的な理由で収入を途切らせられない』です。

フリーターは安定した収入源を持っておらず、生活費を賄うことができない場合があります。

フリーターは正社員と異なり、契約期間が短く、仕事がなくなった場合はすぐに収入源がなくなってしまいます。

またアルバイトやパートタイムの仕事が中心で、給料は時給や日給となるため、収入が毎月一定ではありません。

さらに、フリーターは社会保障制度の対象外となっている場合が多く、国民年金や国民健康保険などの出費も増えるので、貯金ができない人も多いです。

そのため正社員に就職するにしても、就職後の給料が入ってくるまでの生活費が足りなくて、アルバイト生活から抜け出せないことがあります。

また、新しい仕事での収入が現在の収入より低くなる可能性があるという不安から、就職に踏み切れないことも…。

フリーター抜け出せない人の共通点②:スキルも自己肯定感もない

フリーター 抜け出せない

フリーター抜け出せない人の2つ目の共通点は、『専門スキルがないから自己肯定感も低い』です。

フリーターは、アルバイトやパートタイムの仕事が中心であるため、長期間同じ職場で働くことができず、職務経験を積む機会が少ないです。

また、フリーターは短期で仕事を変えることも多いので、教育や研修を受ける機会もほとんどありません。

そのため、専門的なスキルや知識を身につけるチャンスがあまりなく、就活を始めても『アピールできることがない…』という悩みが生じます。

さらに、フリーターは給与水準が低いため、自己投資にまわすお金の余裕がない場合が多く、スキルアップのためのスクールや研修を受講できる人も少ないです。

『専門スキルがない・職務経験がない・知識も資格もない』という自分の現実に直面して、自己肯定感が下がってしまうことも…。

フリーター抜け出せない人の共通点③:対人関係やコミュニケーションの不安

フリーター 抜け出せない

フリーター抜け出せない人の3つ目の共通点は、『対人関係やコミュニケーションに不安がある』です。

フリーターは経験やスキルがない分、面接で『いかに自分をアピールできるか?』が、めちゃくちゃ重要になります。

しかし、実際に就活面接で落選するフリーターの方には、『面接時の質問に何も答えられず固まってしまった…』『面接での受け答えに覇気がなかった…』などの理由で不採用になる人も多いです。

たとえば、コンビニバイト、レジバイト、倉庫作業バイトなどは、お客様との会話がほとんどないため、どれだけアルバイトを続けてもコミュニケーション力は身につきません。

フリーターから就職を成功させたいなら、『清潔感に注意する、笑顔でハキハキ話す、前向きな発言に気をつける』などのポイントを意識して、面接に臨むことが大切ですね。

フリーターを抜けだす5つの方法を解説!

フリーター 抜け出せない

前章までの内容で、フリーターを抜け出せない理由がわかったと思います。

しかし、世の中には、フリーターから就職して、人生のやり直しに成功している方もたくさんいます。

ここからは、『フリーターを抜けだす5つの方法』を紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

フリーターを抜け出す方法①:フリーターをずっと続けるやばい未来を自覚する

フリーター 抜け出せない

フリーターを抜け出す方法の1つ目は、『フリーターをずっと続けるやばい未来を自覚する』です。

フリーターをずっと続けることで、将来的に収入やキャリアの制約が生じる可能性があります。

実際に、フリーターの平均年収は正社員に比べて低く、社会保障の面でも不利な状況になりやすいというデータもあります。

また、正社員の仕事ではスキルや経験を積み重ねることができる一方、フリーターの仕事では限られたスキルしか身につけることができません。

これが原因で、将来の安定した収入やキャリアの成長において、不利になる可能性が高まります。

フリーターを抜け出す方法②:日頃からスマホで求人情報を見る習慣をつくる

フリーター 抜け出せない

フリーターを抜け出す方法の2つ目は、『日頃からスマホで求人情報を見る習慣をつくる』です。

インターネット上で提供される求人情報は年々増加しているため、求人情報を日常的に確認することは、新たな仕事やキャリアの機会を見つけるために重要です。

スマホを使って求人情報を見る習慣を身につけることで、自分に合った仕事や新たなキャリアパスの可能性を見逃すことがありません。

フリーターを抜け出す方法③:期限を決めて就活をスタートする

期限を決めて就活をスタートする

フリーターを抜け出す方法の3つ目は、『期限を決めて就活をスタートする』です。

目標を達成するためには、期限を決めて具体的な行動を起こすことが重要です。

就活にかかる期間は個人によって異なりますが、フリーターの就活は長期化する傾向があります。

ですから『いつまでに正社員になるか?』の期限を設けることで、先延ばしにせずに就活を始めることができます。

また、就活期間が長引くと、内定率が低下する傾向もあるため、早期に就活をスタートすることが大事です。

フリーターを抜け出す方法④:アルバイト以外の時間を有効に使う

フリーター 抜け出せない

フリーターを抜け出す方法の4つ目は、『アルバイト以外の時間を有効に使う』です。

フリーターの場合、アルバイトの時間以外の余暇や休日が存在します。

これらの時間を有効に活用することで、スキルや知識の向上、自己啓発に取り組むことが可能です。

実際に、自己啓発やスキルアップに時間を割くことは、将来の就職活動において有利になるというデータもあります。

たとえば、資格の取得や学習、ボランティア活動など、アルバイト以外の時間を有効に使うことで、自己成長を促進し、将来のキャリアに役立つスキルや経験を積むことができます。

フリーターを抜け出す方法⑤:転職エージェントを活用して就活する

フリーター 抜け出せない

フリーターを抜け出す方法の5つ目は、『転職エージェントを活用して就活する』です。

転職エージェントは、求職者と企業をつなぐ役割を果たす専門のサービスです。

転職エージェントを利用することで、求職者はより多くの求人情報にアクセスでき、効果的なキャリアの機会を見つけることができます。

転職エージェントは求人市場のトレンドや企業の要望に詳しく、個々の希望や能力に合わせたマッチングをサポートしてくれます

実際に記事を書いている僕自身も26歳まで年収190万円のフリーターでしたが、そこからIT企業に就職して年収500万円になり人生が変わりました。

こんなにダメダメだった僕でも人生変えれたわけですから、この記事を読むほど意識の高いあなたなら、必ず人生変えれると思いますよ。

ドフラ
僕は26歳の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターからIT企業の正社員に就職できましたよ。

フリーターは年齢で就職が難しくなる前に行動しよう!

フリーター 抜け出せない

フリーターからの就職において、『年齢が上がるにつれて就職が難しくなる』という現実があります。

若い人材は柔軟性や新しいアイデアを持ち、長期的な雇用が期待できるという理由から、一般的に企業は若年層を採用する傾向があります。

しかしそのいっぽうで、年齢が上がると就職の競争状況は厳しくなる可能性が高く、特に30歳を超えると書類選考で落ちることが増える…。

このように、フリーターが就職を成功させるためには、『若さ』が大きなアピールポイントになります。

ですから、今の段階で『いつかは正社員で働きたい!』と思っている方は、1日でも早く行動しておくのが安全ですよ。

ドフラ
『本気で人生やり直したい!』という方は、今すぐ転職エージェントに登録してくださいね。

フリーター抜け出せない人の3つの共通点【まとめ】

最後に、『フリーター抜け出せない人の3つの共通点』をまとめておきます。

  • 経済的な理由で収入を途切らせられない
  • 専門スキルがないから自己肯定感も低い
  • 対人関係やコミュニケーションに不安がある

フリーターから抜け出せない状況は、かなり辛いと思いますが、人生を変えたいなら、とにかく行動し続けるしかありません。

フリーターでも、20代の若手人材なら採用してくれる会社は多いですし、入社後に成果と実績を残すことで、年収アップやキャリアアップも可能です。

とはいえ、ぶっちゃけ今までフリーターだった方が、自分ひとりで就職を成功させるのは、かなり大変ですよね?

ちなみに僕は、自分ひとりで就活した結果、30社に応募して、書類選考28社落選・面接2社落選・内定ゼロ…という恥ずかしい失敗経験があります。

僕は就活に失敗し続けた後、最終的に『高卒・大学中退・フリーターの転職に強いエージェント』に登録して、なんとかフリーターを抜け出せました。

このタイプの転職エージェントは、学歴や職歴に自信のない求職者を対象にしているため、とにかくフォローが手厚いです。

カウンセリングに時間をかけてくれたり、無料で就職講座や適職診断テストが受けれたり、面接対策を1社ずつやってくれたりします。

僕はこのおかげで、最終的にIT企業の正社員に就職することができ、その2年後には年収500万円になりました。

ですから、自分ひとりでフリーターを抜け出せる自信がない方は、最初から『転職エージェント』を利用しておくのがおすすめですよ。

あとは、あなた次第です。

今から行動して、あなたの理想の未来を手に入れませんか?

ドフラ
フリーターから就職で失敗したくない方は、以下の記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ。