スーパーから転職

『スーパーを辞めたい…』
『スーパーから転職を考えている‥』
『スーパー店員から人生やり直したい…』

このような方に向けて記事を書いています。

なんとなくスーパーに就職したら、いつの間にか20代後半になっていた…という方は多いです。

スーパーの仕事は簡単で楽かもしれませんが、5年後10年後の自分の未来を考えると、ちょっと不安になりませんか?

5年後の先輩社員や10年後の上司が、あなたの未来の姿なので、『自分もあんな感じになるのかぁ…』と思うと、急に辞めたくなりますよね…。

ドフラ
こんにちは。26歳まで年収190万円だった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円のフリーターでした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

この記事では、スーパー社員より低収入の倉庫作業員からIT業界のWEB制作会社に転職した僕が『スーパー社員の将来性がない理由』から『スーパーから転職で失敗しない方法』について解説します。

この記事を読めば、スーパー社員の実態を理解した上で、スーパーを辞めるべきかどうかを判断できるようになります。

3分で読める内容なので、それでは見ていきましょう。

『自分に向いてる仕事が知りたい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

スポンサーリンク

スーパーを辞めたい人へ【スーパーから転職して人生変える方法とは?】

スーパーの正社員を続けていると、『自分の将来、このままで本当に良いのか?』と思う瞬間がたくさんありますよね。

僕も26歳まで、スーパー社員より低収入の倉庫作業員をやっていたので、その気持ちは痛いほどよくわかります。

僕はピッキングをメインにやっていたので、朝から晩までずっと倉庫内の荷物を運んでいました。

毎日同じ業務をしていたので、当然成長することもなく、給料もめちゃくちゃ低かったです。

倉庫作業員のときは年収190万円だったので、まさに底辺労働者でしたね…。

こんなダメダメな僕でも、異業種に転職したことで、年収500万円稼げる正社員になれました。

この経験から僕は『働く場所を変えるだけで年収が上がり、人生を変えられる』ということを実感しました。

低スペック人間の僕ができたわけですから、この記事を読むほど意識の高いあなたなら、絶対に人生やり直せると思いますよ。

スポンサーリンク

スーパーは将来性がない!辞めたいなら行動しないと損します

スーパーから転職

もしあなたが『スーパーを辞めたい』と思っているなら、今すぐに行動しないと損します。

『スーパーの仕事が楽しくて仕方ない!』と思っている方が、なかなかスーパーを辞めれないという気持ちはわかります。

しかし『もう辞めたい』と思っているなら、スーパーの仕事を続ける理由はないはずです。

なぜなら『スーパーは将来性がない』といわれているからです。

スーパー社員の主な仕事は、レジや接客、商品の発注などの業務です。

この業務の問題点は、スーパー以外の仕事では役に立たないところです。

スーパー業界のこれからを考えると、『人口減少による競争の激化』や『食材宅配サービスの拡大』などの課題があります。

これらの課題に対して、適切な経営戦略がとれない会社は、将来倒産するリスクがあります。

もし会社が倒産してしまった時に、スーパー以外の仕事で活かせるスキルがない人は、どこにも再就職できない…という最悪な末路になります。

スーパー全体の売上規模は約13兆円をキープしているので、スーパー業界自体はなくならないと思いますが、会社の業績悪化や倒産によって、強制的にスーパーを辞めさせられる可能性はあるのです。

ですから将来のことを考えると、できるだけ若いうちに、スーパーから転職しておくのが安全だと思います。

スポンサーリンク

スーパーから転職するだけで年収が上がる!?

スーパーを辞めたい人の中には、『年収が上がらないから』という理由で転職を考えている人も多いと思います。

ここでは『スーパーから転職すると年収は上がるのか?』を見ていきましょう。

TKCグループが公開する『BAST要約版(令和3年1月決算~令和3年3月決算)』によると、スーパー系の業界の『従業員1人あたりの年間人件費』は次のとおりです。

・野菜小売業:208万9千円
・各種食料品小売業:288万4千円
・食肉小売業:299万3千円

上記の数値から『スーパー系の業界は年収300万円未満になりやすい』ということが推測できます。

これに対して、僕が転職したWEB業界や広告業界の『従業員1人あたりの年間人件費』は次のとおり。

・情報処理サービス業:443万6千円
・広告業:462万4千円
・デザイン業:548万6千円
・受託開発ソフトウェア業:567万3千円

上記の数値をみると、スーパー系の業界よりも人件費が年間100万円~200万円も多いことがわかります。

つまり業種選びを間違えなければ、『スーパーから異業種に転職するだけで年収は上がる』ということになります。

スーパーから転職して失敗する人、成功する人

スーパーから転職

『スーパー社員に将来性がないのはわかったけど、スーパーからどこに転職すればいいの?』

このような疑問もありますよね。

結論からいうと、スーパーからの転職で失敗したくないなら、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

その理由は、実際に僕が転職エージェントを利用して、スーパー社員より低収入の倉庫作業員からIT業界の営業マンに転職できたからです。

実際にスーパーで働く正社員の多くが、転職エージェント経由で異業種への転職に成功しています。

転職する方法には、ハローワークを利用する、転職サイトを利用する、求人誌から探す、などの方法もありますが、これらはどれも自分ひとりで転職活動をしなければいけません。

初めての転職だと、求人の選び方とか面接対策の仕方とかって、よくわからないですよね。

僕もそうでしたけど、自分ひとりで転職活動をやっていたときは、30社に応募して9割が書類選考で落選しました。

せっかく面接に進んでも『ところで君は今日何しに来たの?』と面接官に叱られるほど、かなりショボい転職活動をしていました。

そんなときに友人から『転職エージェント』というサービスがあることを教えてもらい、とりあえず登録してみました。

転職エージェントを利用して分かったのですが、そもそも世の中には、スーパーからの転職を受け入れてくれる会社とそうでない会社がある、とのことでした。

わかりやすくいうと『未経験者を採用している会社』と『経験者しか採用していない会社』の2種類がある、というイメージですね。

さらにキャリアアドバイザーのサポートのおかげで、応募書類の作り方にもコツがあり、面接対策の仕方も企業ごとに違う、ということがわかりました。

正直、こんなの自分でできるわけないじゃん!と思いましたね…。

僕の経験からもわかるように、スーパーから転職するなら、転職エージェントに頼るのが楽ですね。

スーパーを辞めない方がいい人もいます

ここまで『スーパーから転職するべきだ!』という話をしてきましたが、中にはスーパーを辞めない方がいい人もいます。

スーパーから転職してプラスになる人の条件は、『本気で人生を変える気のある人』です。

以下のような考えの人は、スーパーを辞めない方がいいです。

『今がラクならそれでいい…』
『新しいことは覚えたくない…』
『何も考えずに仕事したい…』

このように仕事に対する意識が低い人は、どのような職場に転職しても満足できないと思います。

ですから『今が良ければそれでいい』と思う方は、スーパー社員を辞めないでください。

あなたは、どんな未来を手に入れたいですか?

ワクワクした仕事ができて、毎日成長を実感できて、尊敬できる仲間がいて、満足できる給料がもらえて…。

こんな未来を手に入れたいなら、今すぐにスーパーから転職しましょう。

人生を変えたいなら今すぐ行動しよう

スーパーから転職

人間は基本的に『ラクをしたい』と思う生き物なので、気を抜くとすぐにサボってしまいます。

ダイエットが1週間も続かなかったり、読書が三日で終わってしまったり…。

このように、自分を変えることは、とにかく大変なのです。

『明日からやります』と言って、行動を先延ばしにする人もいますが、この人は1年経っても何もやりません。

ほとんどの人は、以下のような流れになります。

人生を変えたい→情報を集めよう→良いことを知った→明日からやろう→明日やらない→結局何も行動しない→人生は変わらない

『明日やろうはバカ野郎だ』という言葉があるように、行動を先延ばしにする人は、人生を変えることができません。

ですから、本気でスーパー社員から人生を変えたいと思っている人は、今すぐに行動してくださいね。

まとめ:スーパーから転職すると人生が変わる

この記事のまとめです。

  • スーパーから転職すれば人生が変わる
  • スーパー社員は将来性がない
  • スーパー辞めたいなら行動しないと損する
  • 転職エージェントを利用すると失敗しにくい
  • スーパーを辞めない方がいい人もいる
  • 人生を変えたいなら今すぐ行動すべき

なんとなくスーパーに就職して、なんとなく仕事を続けていたら、20代後半に差し掛かっていた…という方は多いです。

でも20代30代なら、まだ間に合います。

『自分はスーパーでしか働いたことがないから…』と言って、異業種への転職を諦めるのはもったいないです。

実際にこんなダメダメな僕でも、IT業界の営業マンに転職できたわけですから、ほとんどの方が転職できるはずです。

あとは、あなた次第です。

今から行動して、理想の未来を手に入れませんか?

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する無料適職診断テストを受けるのがおすすめですよ。
スポンサーリンク