フリーター 就職
フリーターから就職して人生やり直したい人『今までずっとフリーターを続けてきたけど、将来が不安になってきた…。フリーターから就職を成功させる方法が知りたい!』

このような方に向けて、記事を書いています。

世の中には『フリーターの就職は厳しい!』『フリーターからは抜け出せない!』などと発言する人もいるので、フリーターの自分の未来が不安になりますよね…。

たしかに、フリーターは正社員と比べて、転職市場において不利になることは事実です。

しかし、正しい方法で就職活動を進めていけば、フリーターからでも就職することは可能です。

ただし、一般的には、フリーターから正社員に就職するなら、理想は『25歳前後まで』、最低でも20代のうちに行動しておくべきだと言われています。

なぜなら30歳に近づくほど、企業は即戦力になる人材を求めるため、フリーターから就職するのが難しくなるから…。

ですから、本気で人生やり直したい方は、今すぐに行動しておくのがおすすめですよ。

ドフラ
こんにちは。26歳までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計975名の方にインタビューしてきたので、フリーターのリアルな就職事情をお伝えできると思います。

この記事では、26歳でフリーターから就職した僕が『フリーターと正社員のそれぞれのメリット・デメリット』『フリーターの就職におすすめの業界や職種』『フリーターが就職で失敗しないために準備すること』までを解説していきます。

この記事を読めば、フリーターの未来に不安を抱えている方でも、人生をやり直すための一歩が踏み出せるようになります。

3分ぐらいで読める内容なので、さっそく見ていきましょう〜。

『今すぐにフリーターから正社員に就職したい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

フリーターの現状と就職に関する基礎知識

フリーター 就職

フリーターの現状と就職に関することを理解するために、この章では『フリーターの人口とその特徴』や『フリーターの就職に関する状況と懸念点』について解説していきます。

フリーターの人口とその特徴

フリーターとは、定職に就かずにアルバイトや短期雇用で生計を立てる人々のことを指します。

現代社会において、フリーターの人口は増加傾向にあります。

フリーターとなる主な要因は、教育や働き方の多様化、景気変動などです。

フリーターの就職に関する状況と懸念点

フリーターの中には、就職を希望する人も多くいますが、就職活動にはさまざまな懸念点が存在します。

一部のフリーターは、就職先の選択肢が限定されたり、経験やスキルの不足から就職に苦戦することも…。

しかし、適切な準備とアプローチをすることで、就職成功の可能性はグッと高まります。

フリーターから就職する意義とメリット・デメリット

フリーター 就職

フリーターから就職するためには、『なぜフリーターから就職するべきなのか?』や『フリーターのメリットとデメリット』を理解しておくべきです。

この章では、『就職しないままでいるメリット・デメリット』や『フリーターと正社員の違いとその影響』を解説していきます。

就職しないままでいるメリット・デメリット

フリーターとして働くことには、一定のメリットも存在します。

たとえば、『自由な時間の確保』や『異なる職種の経験を積むことができる』などの利点があります

しかし、そのいっぽうで、『収入の不安定性』や『将来の不透明さ』をデメリットに感じる人も多いです。

フリーターと正社員の違いとその影響

フリーターと正社員の違いは、労働条件や雇用形態、安定性などにあります。

正社員として働くことで、給与や福利厚生の面で安定感が得られる反面、一定の責任や役割も求められます。

フリーターから正社員への就職は、安定したキャリア形成や将来の展望に大きな影響を与えるのです。

フリーターからの就職準備と成功への道筋

フリーター 就職

フリーターが就職を成功させるためには、就職するための正しい準備をしておく必要があります。

ここでは、『就職の意義と目的を明確化する方法』や『自分に合った業界と職種の選定方法』、『就職活動の準備とポイント』などを解説していきます。

就職の意義と目的を明確化する方法

フリーターが就職を目指す際には、自身の目的やキャリアの方向性を明確にすることが重要です。

自分が何を求めているのかを考え、具体的な目標を設定しましょう。

これによって、適切な業界や職種の選択が可能となります。

自分に合った業界と職種の選定方法

フリーターの就職活動では、自分に合った業界や職種を選ぶことが成功の鍵です。

自身の興味や関心、スキルや経験を考慮しながら、将来の展望や市場動向を調査しましょう。

また、専門家やキャリア相談員からのアドバイスを活用するのもおすすめです。

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する『無料適職診断テスト』を受けるのがおすすめですよ。

現在の能力と強みの把握と向上策

自己分析を行い、現在の能力や強みを把握することも重要です。

自分のスキルや経験に自信がない場合は、学習やスキルアップの機会を探しましょう。

短期的な研修や資格取得など、自己成長につながる取り組みを行うことも効果的です。

就職までの期限設定とフローの構築

フリーターは就職までの期限を設定し、具体的なフローを構築することで、目標に向かって計画的に行動することが可能です。

スケジュール管理やタスクの整理、適切な期限設定を行いながら、就職活動を進めましょう。

就職活動の準備とポイント

履歴書や職務経歴書の作成、面接対策、ネットワーキングの活用など、就職活動には様々な準備が必要です。

これらのポイントを押さえながら、自己PRや志望動機の明確化、自己アピールの方法を学んでいきましょう。

自分ひとりで就職活動を進めていく自信がない方は、『フリーターの転職に強いエージェント』を利用するのがおすすめです。

このタイプの転職エージェントは、学歴や職歴に自信のない転職者を対象にしているため、とにかくフォローが手厚いです。

カウンセリングに時間をかけてくれたり、無料で就職講座や適職診断テストが受けれたり、面接対策を1社ずつやってくれたりします。

ドフラ
僕は26歳の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターからIT企業の正社員に就職できましたよ。

フリーターからの就職実現への具体的な方法と対策

フリーター 就職

フリーターから就職する準備ができたら、いよいよ就職活動を進めていく段階です。

ここからは、『フリーターの就職におすすめの業界や職種』や『フリーターが就職を成功させるためのポイントと注意点』を解説していきます。

フリーターの就職におすすめの業界とその特徴

フリーターが就職を目指す上で、おすすめの業界を紹介します。

たとえば、成長が見込まれるIT業界や、人材需要が高まっている介護業界などが挙げられます。

それぞれの業界の特徴や求められるスキルについて理解し、自身の適性とマッチするか考えましょう。

フリーターの就職におすすめの職種とその特徴

フリーターが就職を目指す上で、おすすめの職種も紹介します。

たとえば、営業やマーケティング、デザインなど、需要のある職種や将来性の高い職種があります。

自身のスキルや興味に合致する職種を選び、その特徴や必要な能力を把握しましょう。

フリーターが就職を成功させるためのポイントと注意点

フリーターが就職を成功させるためのポイントと、注意点を紹介します。

就職に失敗したくないなら、自己分析をしっかり行い、自身の強みをアピールすることや、適切な情報収集や人脈の活用、志望企業への継続的なアプローチが重要です。

また、失敗の原因となる注意点にも注意を払いましょう。

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する『無料適職診断テスト』を受けるのがおすすめですよ。

フリーターの就職後の展望とキャリア形成

フリーター 就職

フリーターから就職することは大事ですが、あくまでも就職はゴールではありません。

就職した後の人生の方が長いので、フリーターから就職した後のキャリアプランも用意しておくのがおすすめです。

ここからは、『正社員になった後の意義とチャレンジの重要性』や『就職後の成長とキャリアの構築方法』を解説していきます。

正社員になった後の意義とチャレンジの重要性

フリーターから就職した後は、安定した収入や福利厚生の面での恩恵が得られます。

しかし、就職で得られるものはそれだけではなく、自身の成長やキャリア形成の機会でもあります。

新しい環境でのチャレンジや、スキルの磨きに意欲的に取り組むことが重要です。

就職後の成長とキャリアの構築方法

就職後の成長とキャリアの構築には、自己啓発や学習意欲の持続が欠かせません。

自身の目標や興味を持つ分野で、スキルアップやキャリアアップの機会を積極的に探し、自己成長を継続していきましょう。

就職活動と将来の選択肢の両立方法

フリーターは就職活動をしている時から、将来の選択肢を考慮することも重要です。

将来的に転職やキャリアチェンジを考える場合、現在の就職先や業界の経験が役立つこともあります。

柔軟な思考を持ちながら、自身の将来の展望に合わせて就職活動を進めましょう。

ドフラ
僕は26歳の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円の正社員に就職できましたよ。

まとめ:フリーターから就職すれば人生やり直せる!

フリーター 就職

フリーターからの就職は可能であり、成功のためには適切な準備と意欲が必要です。

自身の目標を明確にし、自己成長を図る努力を継続しましょう。

失敗や挫折があっても諦めずに前進し、自身の可能性を信じて取り組んでください。

とはいえ、今までフリーターの経験しかない方が、自分ひとりで就職を成功させるのは、かなり大変だと思います。

ちなみに僕は20代半ばの時に、自分ひとりで就活した結果、30社に応募して、書類選考28社落選・面接2社落選・内定ゼロ…という最悪の失敗経験があります。

僕は就活に失敗し続けた後、最終的に『高卒・大学中退・フリーターの転職に強いエージェント』に登録して、なんとか正社員に就職できました。

このタイプの転職エージェントは、学歴や職歴に自信のない転職者を対象にしているため、とにかくフォローが手厚いです。

カウンセリングに時間をかけてくれたり、無料で就職講座や適職診断テストが受けれたり、面接対策を1社ずつやってくれたりします。

僕はこのおかげで、最終的にIT企業の正社員に就職することができ、その2年後には年収500万円稼げるようになりました。

ですから、自分ひとりで就活を成功させる自信がない方は、最初から『転職エージェント』を利用しておくのがおすすめですよ。

あとは、あなた次第です。

今から行動して、あなたの理想の未来を手に入れませんか?

ドフラ
フリーターから就職で失敗したくない方は、以下の記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ。