27歳フリーター 就職
27歳でフリーターから就職したい人『27歳まで就職しないできたけど、そろそろフリーターを卒業したい…。27歳のフリーターでも就職できるの?

このような方に向けて、記事を書いています。

年齢が27歳であれば、未経験から採用してくれる会社は多いですし、実際に27歳でフリーターから正社員に就職できている人もたくさんいます。

とはいえ、27歳なら誰でも簡単に就職できるわけではありません…。

なぜなら、27歳までフリーターだった方は、大卒で新卒入社した正社員と比べると『約5年』のキャリアの差があり、転職市場では不利になりやすいからです。

27歳で初めて就職する人であっても、中途採用向けの転職市場に出ていって、就職活動しなければいけないので、スキルも経験も自分より格上の転職者と同じ求人を奪い合うこともあります。

ですから、27歳で就職を成功させたい方は、失敗しない方法で就職活動を進めていく必要があります。

ドフラ
こんにちは。26歳までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計975名の方にインタビューしてきたので、27歳のフリーターのリアルな就職事情をお伝えできると思います。

この記事では、20代後半でフリーターから就職した僕が、『27歳でフリーターを続けていると将来やばい理由』から『27歳で職歴なしのフリーターが就職を成功させる方法』までを解説していきます。

この記事を読めば、27歳からの自分の未来に不安を抱えている方でも、人生をやり直すための一歩が踏み出せるようになります。

3分ぐらいで読める内容なので、さっそく見ていきましょう〜。

『今すぐにフリーターから正社員に就職したい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

27歳の立ち位置と20代後半の就職事情

26歳フリーター 就職

27歳のフリーターから就職するために、まずは『27歳のあなたが世の中的にどのような立ち位置にいるのか?』や『20代後半の就職事情』を知っておく必要があります。

ここからは、『27歳の立ち位置』と『20代後半の就職事情』をそれぞれ見ていきましょう〜。

27歳の立ち位置とは?

一般的には、27歳は20代後半の中でも一つの節目となる年齢です。

27歳であれば、既に正社員として安定した職に就いている場合も多いですが、まだまだフリーターや非正規雇用で働いている人も少なくありません。

そのため、27歳であれば、まだ若手としてのポジションを保ちながら、新たなキャリアパスを模索することができます。

20代後半の就職事情とは?

20代後半は、社会人としての経験を積むために重要な時期です。

多くの人が大学や専門学校を卒業し、社会に出てから数年が経過しています。

27歳の時期には、仕事のスキルや経験を着実に積み重ね、キャリアの基盤を築くことが求められます。

27歳フリーターのまま就職しないとどうなる?

27歳以降もフリーターとして働き続けると、将来的にさまざまなリスクや影響が出てきます。

たとえば、将来の収入やキャリアの成長が制限され、社会的な安定や自己成長の機会が減少する可能性があります。

27歳のフリーターはやばいのか?

『27歳フリーター=やばい』とまでは言い切れませんが、27歳のフリーターとして働き続けることは、将来的には不安要素を抱えることになります。

社会的な安定や将来への展望を考えると、早めに正社員としての就職を目指すことが望ましいです。

30歳以上は就職の難易度が上がるから注意!

就職の難易度は、年齢が上がるにつれて、高まる傾向があります。

特に30歳を超えると、若手採用の対象から外れ、年齢による制約が増える可能性があります。

しかし27歳であれば、まだ若手扱いされやすく、就職のチャンスが多い時期です。

ですから、後で後悔したくない方は、ぜひ手遅れになる前に行動しておいてくださいね。

ドフラ
僕は20代後半の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円の正社員に就職できましたよ。

27歳でフリーターを続ける3つのリスク

27歳フリーター 就職

27歳でフリーターを続けると、以下のようなリスクが生じる可能性があります。

収入の制約

フリーターとしての収入は一定ではなく、安定した生活が難しいことがあります。

キャリアの停滞

フリーター経験だけでは、スキルや経験の積み重ねが限られるため、将来のキャリア成長に制約が生じる可能性があります。

社会的な不安

正社員としての社会的な地位や安定感を持つことができないため、将来の不安感が高まるかもしれません。

27歳のフリーターから就職する5つのメリット

27歳フリーター 就職

27歳のフリーターが正社員を就職すことには、以下のようなメリットがあります。

若手としてのポジション

27歳はまだ若手扱いされることが多く、キャリアのスタート地点として適しています。

経験の幅広さ

フリーター経験は様々な業種や職種の仕事を経験できるため、多様なスキルや知識を持っている可能性があります。

モチベーションの高さ

就職を目指す意欲が強いことが多いため、自己成長への意欲やモチベーションが高いと言えます。

現実的な目標設定

フリーター経験を通じて、自身の目標や希望をより具体的に設定できるようになる場合があります。

生活の安定と結婚

正社員として働くことで、収入や社会的な安定が得られ、生活の安定が期待できます。

正社員としての安定した収入や職場環境が整えば、結婚などの生活の節目に向けての準備も進めることができます。

生活の安定は、結婚や家庭を築く上でも、重要な要素となります。

27歳のフリーターから就職する4つのデメリット

27歳フリーター 就職

27歳のフリーターが正社員になることには、以下のようなデメリットがあります。

競争の激化

若手としてのポジションを狙うため、同じ年齢や若い世代との競争が激しくなることがあります。

スキルや経験の不足

フリーター経験だけでは、職務経験や専門知識が不足している場合があります。

就職先の制約

年齢や経歴による制約があり、希望する職種や業界への就職が難しい場合があります。

転職回数の影響

フリーター経験による転職回数が多いと、採用担当者からの不安や疑念を抱かれる可能性があります。

27歳職歴なし・未経験者の就職可能性

27歳フリーター 就職

ここからは、27歳のフリーターから正社員への就職を目指す方が、就職活動に前向きになれるように『27歳職歴なし・未経験者の就職の可能性』を解説していきます。

それでは、見ていきましょう〜。

27歳であればまだ若手扱いしてもらえる

27歳はまだ若手として扱われることが多く、就職活動においてアドバンテージを持つことができます。

27歳はまさに活躍が期待される年齢層であり、これからの成長を見込んで若手人材を求める採用企業も多いです。

経験やスキルは重要ですが、27歳という年齢はポテンシャルの高さを示す要素としても評価されます。

27歳のフリーターはギリギリ就職できる

一般的には、27歳を超えると就職市場においてフリーターとしての就職が難しくなる傾向があります。

しかし、それでもまだ就職の可能性はあると言えます。

27歳のうちに正社員への就職を目指すことで、将来の安定したキャリア形成につながるでしょう。

若手としてのアドバンテージやポテンシャルを活かし、自己成長に努めることで、将来のキャリア形成につながるチャンスを手にすることができます。

20代なら未経験でも採用されやすい

20代は多くの企業が若手人材を求めており、未経験でも採用されやすい傾向にあります。

特に成長著しい業界や新興企業では、自己成長意欲の高さや柔軟性を重視して採用するケースがあります。

したがって、未経験であっても積極的に就職活動に取り組むことが重要です。

27歳フリーターでも始められる仕事はある!

27歳で正社員経験がない場合でも、未経験からでも始められる仕事は存在します。

たとえば、営業やカスタマーサポート、一部の事務職などは、特定の資格や経験を求められないことがあります。

また、特定の業界や企業では、新卒者や未経験者を積極的に採用する傾向がありますので、積極的にチャレンジしてみることをおすすめします。

27歳で就職すれば30代前半でキャリアップの転職チャンスも!

27歳から正社員として働きながら、スキルや経験を積み重ねることで、将来的にキャリアアップのチャンスを得ることができます。

30代前半になると、より上位のポジションやキャリアパスを模索するための転職の機会も増えます。

ドフラ
僕は20代後半の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターからIT企業の正社員に就職できましたよ。

フリーターから正社員として就職できる人の特徴

27歳フリーター 就職

フリーターから正社員として就職する人には、以下のような特徴があります。

積極性と意欲がある

正社員としての職務や責任を果たす意欲があり、成長意欲を持っていることが重要です。

コミュニケーション能力がある

職場内での円滑なコミュニケーションが求められるため、コミュニケーション能力が高いことが望まれます。

自己啓発の意識が高い

自己成長やスキルアップに積極的に取り組み、努力を惜しまない姿勢が評価されます。

前向きな姿勢がある

失敗や困難に立ち向かい、ポジティブな姿勢で物事に取り組むことが重要です。

以上が、27歳職歴なし・未経験者の就職可能性に関するポイントと、フリーターから正社員への転身を目指す際の特徴についての解説です。

これらの情報を活用しながら、将来のキャリア形成に向けて頑張ってください。

27歳から始めるのにおすすめの仕事は?

27歳フリーター 就職

27歳から始めるのにおすすめの仕事には、以下のような選択肢があります。

プログラミング

IT業界では、プログラミングのスキルが求められています。

Web開発やアプリ開発など、自宅でも学習が可能であり、需要も高まっています。

デジタルマーケティング

インターネットの普及に伴い、企業のオンラインプレゼンスが重要となっています。

デジタルマーケティングの知識やスキルを身につけることで、企業のマーケティング活動に貢献できます。

翻訳・通訳

語学力を活かして、翻訳や通訳の仕事に取り組むこともおすすめです。

国際化が進む現代社会では、多言語に対応できる人材の需要が高まっています。

ドフラ
『27歳から始める仕事のおすすめ』を詳しく知りたい方は、以下の記事をどうぞ。

27歳フリーターにおすすめの就職先は?

27歳フリーター 就職

27歳フリーターにとっておすすめの就職先は、以下のような選択肢があります。

中小企業

中小企業は、大手企業に比べて、採用のハードルが低い場合があります。

中小企業では、幅広い業務に携わることができるため、経験やスキルの幅を広げることができます。

スタートアップ企業

成長著しいスタートアップ企業では、新しい挑戦や自己成長の機会が豊富です。

柔軟な働き方やチャレンジ精神を求められるため、27歳フリーターにはマッチするかもしれません。

就職支援機関を利用する

専門のキャリアカウンセラーやコーチが所属する就職支援機関では、個別のサポートを受けながら適切な就職先を見つけることができます

27歳フリーターでも正社員を目指せる3つの業界

27歳フリーター 就職

27歳フリーターでも正社員を目指せるおすすめの業界には、以下の3つがあります。

医療・介護業界

人手不足が深刻化している医療・介護業界では、未経験者でも正社員として採用される機会があります。

資格取得や研修を経て、医療や介護の現場で働くことができます。

製造業界

製造業では、経験や学歴よりも意欲やコミュニケーション能力が重視されることがあります。

製造工程や品質管理など、様々な職種がありますので、自分に合った仕事を見つけることができます。

IT業界

IT業界は年齢や学歴に関係なく、実力が評価される傾向があります。

プログラミングやデータ解析など、幅広い職種がありますので、自身の興味や適性に合った分野に挑戦することができます。

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する『無料適職診断テスト』を受けるのがおすすめですよ。

27歳フリーターの就職活動の7つのポイント

27歳フリーター 就職

ここからは、『27歳のフリーターが就職を成功させるためにやるべきこと』を7つのポイントにまとめて紹介します。

自己分析を行う

自身の経験やスキル、興味・関心を整理しましょう。

自分がどのような仕事に向いているのか、どのようなキャリアを築きたいのかを明確にすることが重要です。

学びの意欲をアピールする

職歴はなくても、学びの意欲や成長意欲をアピールしましょう。

自己啓発のための取り組みや独自の学習経験を伝えることで、企業に自身の成長ポテンシャルを訴えることができます。

ボランティアやインターンシップを活用する

職歴がない場合でも、ボランティアやインターンシップなどの実務経験を積むことができます。

これらの経験を通じて、仕事に対する姿勢や実践的なスキルを身につけましょう。

自己PRや履歴書を工夫する

職歴がない場合でも、自己PRを工夫してアピールしましょう。

自分の特徴や志向性を明確にし、それを履歴書や職務経歴書に反映させることが求められます。

具体的には、自己PR文やアピールポイントを工夫し、自身の強みを強調するようにしましょう。

また、履歴書の書き方やレイアウトにも注意を払い、整理された見やすい文書を作成するのも効果的です。

自分の強みや特技、達成した結果などを具体的に伝えることで、企業からの注目を集めることができます。

持続的な努力と忍耐力を持つ

27歳で職歴がない状況からの就職活動は、時間や努力を要する場合があります。

そのため、忍耐力を持ちながら、諦めずに取り組むことが必要です。

挫折や失敗があっても諦めずに努力を続け、忍耐力を持ちましょう。

また、ポジティブなマインドセットを持つことも重要です。

自分の可能性を信じ、挑戦の意欲を持ち続けましょう。

困難や失敗に直面しても、前向きに学びながら進んでいく姿勢が求められます。

自分に合った仕事や就職先を見つけるためには、継続的な取り組みが必要です。

情報収集と適切な求人への応募

就職活動においては、幅広い求人情報を収集し、適切な求人に応募することが大切です。

求人情報サイトやハローワークなどの求人機関を活用し、自分に合った仕事やキャリアに繋がる求人を見つけましょう。

また、求人票や企業のウェブサイトなどを詳しくチェックし、応募条件や企業の特徴を把握しておくことも重要です。

就職支援機関の活用

専門のキャリアカウンセラーやコーチが所属する就職支援機関を活用しましょう。

個別のアドバイスやサポートを受けながら、自分に合った就職先を見つけることができます。

ドフラ
フリーターから正社員への就職に失敗したくない方は、以下の記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ

27歳で就職を目指すときに資格は必要?

27歳フリーター 就職

27歳で就職を目指す際、資格は必ずしも必要ではありませんが、適切な資格を取得することで就職活動のアピールポイントとなることがあります。

具体的な資格の取得は、以下の点に留意して選びましょう。

就職先や業界の要求を調査する

希望する就職先や業界において、どのような資格が求められるのかを調査しましょう。

特定の職種や仕事に関連する資格を取得することで、採用の際に有利になることがあります。

資格の実用性を考慮する

資格を取得する際には、その資格が自身のキャリアや職務に実際に役立つかどうかを考慮しましょう。

将来のキャリアプランに合致し、市場価値のある資格を選ぶことが重要です。

取得にかかる費用や時間を考慮する

資格の取得には、一定の費用や時間がかかることがあります。

自身の予算やスケジュールに合わせて、取得可能な範囲で適切な資格を選びましょう。

とはいえ、資格の取得はあくまで就職活動の一部であり、スキルや経験、意欲などの総合的なアピールが重要です。

資格を取得する際には、それを活かせる実務経験や自己成長にも注力しましょう。

27歳の就職活動はうまくいかない?失敗例と解決策

27歳フリーター 就職

27歳の就職活動がうまくいかない場合、以下のような失敗例が考えられますが、それぞれの解決策もあります。

就職活動の準備不足

自己分析や職務経験の整理、自己PRの構築など、就職活動に必要な準備を不十分にしている場合があります。

解決策としては、就職活動の前に自己分析を行い、必要な準備を十分に行うことが重要です。

適切な職種や業界の選定の不備

自身の適性や興味に合わない職種や業界に応募している場合、採用されにくくなる可能性があります。

解決策としては、自己分析や情報収集を通じて、自身に合った職種や業界を選定しましょう。

コミュニケーション能力や面接対策の不足

面接や選考の際にコミュニケーション能力や面接対策が不十分な場合、採用されることが難しくなることがあります。

解決策としては、模擬面接や面接対策の練習を行い、自身のアピールポイントを明確に伝えることが重要です。

忍耐力やモチベーションの低下

就職活動が長期化すると、忍耐力やモチベーションが低下することがあります。

解決策としては、自己管理や情報収集、支援機関や仲間との交流を通じて、モチベーションを維持しましょう。

職務経験の不足

フリーター経験では、職務経験が不足していることがあります。

企業は実務経験を重視する傾向があるため、解決策としてはボランティアやインターンシップなどの実務経験を積んでスキルを身につけることが重要です。

自己PRの不十分さ

自己PRが不十分で、自身の強みや特技をアピールできていない場合があります。

解決策としては、自己分析を行い、自身の強みを具体的に示すことや、成果や結果を示すことが重要です。

就職先の選定ミス

自身の適性や興味に合わない就職先を選んでいる場合、採用されにくくなることがあります。

解決策としては、自己分析や情報収集を通じて自身に合った就職先を選定しましょう。

27歳フリーターの就職活動では、経験や状況による課題があるかもしれません。

しかし、解決策を見つけながら努力を続けることで、就職の成功に近づくことができます。

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する『無料適職診断テスト』を受けるのがおすすめですよ。

27歳職歴なしから就職を成功させる3つのヒント

27歳フリーター 就職

27歳で職歴がない状況からでも、就職を成功させるためのヒントをご紹介します。

以下の3つのポイントを実践することで、より有利な状況を作り出すことができます。

スキルの獲得と自己啓発

職歴がない場合でも、自己啓発を積極的に行いましょう。

具体的には、資格取得や独学でのスキル習得、オンラインコースの受講などが挙げられます。

これらの活動によって、自身のスキルセットを充実させることができます。

また、実務経験が不足している場合は、ボランティアやインターンシップなどの機会を活用して実践的な経験を積むことも有効です。

自身のスキルや経験を示すことで、採用担当者に自己アピールすることができます。

ネットワーキングと人脈の活用

職歴がない状況でも、人脈を活用することは重要です。身近な人や知り合いを通じて、求人情報や就職のチャンスを得ることができます。

また、SNSや専門のコミュニティに参加することで、同じ志を持つ人々との交流や情報共有が可能です。

積極的に人とのつながりを広げ、情報を収集しましょう。

また、ネットワーキングの中でアドバイスやサポートを受けることも大切です。

面接対策と自己PR

面接や選考では、自己PRが重要なポイントとなります。

自身の強みやスキルを明確に説明し、採用担当者にアピールすることが求められます。

そのためには、自己分析を行い、自身の強みや成果を具体的に示すことが必要です。

また、模擬面接の練習や自己PRのトレーニングを行うことで、自信を持って面接に臨むことができます。

自己PRを上手に行い、採用担当者に自身の価値を伝えることが重要です。

27歳フリーターの就職活動において、職歴のなさをカバーするためにスキルの獲得や自己啓発、人脈の活用、面接対策と自己PRの強化が必要です。

これらのヒントを参考に、自身の強みを最大限に活かし、就職を成功させる道を切り拓いてください。

ドフラ
僕は20代後半の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円の正社員に就職できましたよ。

まとめ:27歳でも今すぐに行動すれば人生変えれる!

27歳フリーター 就職

いまは『27歳でフリーターの自分の未来』が不安かもしれませんが、今回紹介したポイントを意識しつつ、就職活動を進めていけば、正社員になれる可能性は高いです。

世の中には、27歳のフリーターでも採用してくれる会社はありますし、入社後に出世して役職に就いたり、年収アップしたりする人もいます。

とはいえ、ぶっちゃけ27歳までフリーターだった方が、自分ひとりで就活を成功させるのは、かなり大変だと思います。

ちなみに僕は、就活に失敗し続けた結果、最終的に『高卒・大学中退・フリーターの転職に強いエージェント』にたどり着きました。

このタイプの転職エージェントは、学歴や職歴に自信のない転職者を対象にしているため、とにかくフォローが手厚いです。

カウンセリングに時間をかけてくれたり、無料で就職講座や適職診断テストが受けれたり、面接対策を1社ずつやってくれたりします。

僕はこのおかげで、最終的にIT企業の正社員に就職することができ、その2年後には年収500万円稼げるようになりました。

ですから、自分ひとりで就活を成功させる自信がない方は、最初から『転職エージェント』を利用しておくのがおすすめですよ。

あとは、あなた次第です。

今から行動して、あなたの理想の未来を手に入れませんか?

ドフラ
フリーターから就職で失敗したくない方は、以下の記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ。