30代フリーター やばい

『30代のフリーターはやばいのかな…』
『30代職歴なしでも正社員になれるかな…』
『30代以降もフリーターを続けると、人生どうなるんだろう?』

このような方に向けて、記事を書いています。

結論からいうと、30代フリーターがやばい理由は以下のとおりです。

  • 経済的な不安定さ
  • 職業経歴の停滞
  • 将来の安定性の欠如
  • 社会的な評価の低さ
  • 経済的な成長の制約
  • 社会保障や福利厚生の不足
  • 自己成長の制約
  • 就職競争の激化

一般的に『30代』という年齢は、社会人になってから10年ほどのキャリアを積み上げており、リーダーや管理職のポジションに就いている人も多いです。

そのため、30代フリーターの方は正社員の人と比べると、年収・スキル・経歴・市場価値など、あらゆる面で不利になりやすいです。

おそらく、この記事を読んでいるあなたは、『30代でフリーターのままだとやばいかも…』と思っていますよね?

その感覚は、正しいです。

なぜなら、30代でもフリーターを続けていると、40代以降の人生が詰むリスクが高いからです。

ドフラ
こんにちは。26歳までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代30代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計975名の方にインタビューしてきたので、30代フリーターのリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、『30代フリーターがやばい理由8つ』から『30代フリーターが就職を成功させる方法』までを解説しています。

この記事を読めば、フリーターから就職するためにやるべきことがわかるので、今日から前向きに就職活動に取り組めるはずです。

3分ぐらいで読める内容なので、さっそく見ていきましょう〜。

『今すぐにフリーターから正社員に就職したい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

30代フリーターがやばい理由8つ【職歴なしは詰み?】

30代フリーター やばい

30代でフリーターを続けている人の多くが、正社員になるきっかけがなくて、なんとなくアルバイト生活を続けています。

しかし、1秒でも早く行動しないと、手遅れになるリスクがある…。

その理由は、以下のとおり。

  • 経済的な不安定さ
  • 職業経歴の停滞
  • 将来の安定性の欠如
  • 社会的な評価の低さ
  • 経済的な成長の制約
  • 社会保障や福利厚生の不足
  • 自己成長の制約
  • 就職競争の激化

ここからは、『30代フリーターがやばい理由8つ』をそれぞれ解説していきますね。

30代フリーターがやばい理由①:経済的な不安定さ

30代フリーター やばい

30代フリーターがやばい理由の1つ目は、『経済的な不安定さ』です。

フリーターは一般的にアルバイトや契約雇用に頼っており、収入が不安定です。

30代になっても定職に就かずにフリーターとして働くと、家計の安定や将来の計画の立てに困難が生じます。

経済的な不安定さは、生活費の支払いや将来への備えに影響を与える可能性があります。

30代フリーターがやばい理由②:職業経歴の停滞

30代フリーター やばい

30代フリーターがやばい理由の2つ目は、『職業経歴の停滞』です。

フリーターは一時的な雇用形態に就いていることが多く、職業経歴の成長が制限されます。

長期的な雇用経験や専門的なスキルの獲得がないため、将来の職業やキャリアパスにおいて不利な立場に立つ可能性があります。

30代でフリーターを続けると、将来的なキャリアの選択肢が制約される可能性が高くなります。

30代フリーターがやばい理由③:将来の安定性の欠如

30代フリーター やばい

30代フリーターがやばい理由の3つ目は、『将来の安定性の欠如』です。

フリーターは一時的な雇用に依存しており、将来の安定した収入や雇用の見通しが不確かです。

30代になってもフリーターの状態が続くと、家族を養う責任や将来のライフプランにおいて不安を抱えることになります。

安定した職業やキャリアの構築ができないと、生活の安定性に大きな影響を及ぼす可能性があります。

30代フリーターがやばい理由④:社会的な評価の低さ

30代フリーター やばい

30代フリーターがやばい理由の4つ目は、『社会的な評価の低さ』です。

社会的な評価や地位において、フリーターは一般的に低い評価を受けることがあります。

30代でフリーターであると、自己評価や他人からの評価においてネガティブな影響を受ける可能性があります。

経済的な成功や社会的な地位に関しても、フリーターとして働くことは不利な要素とされることが多いです。

30代フリーターがやばい理由⑤:経済的な成長の制約

30代フリーター やばい

30代フリーターがやばい理由の5つ目は、『経済的な成長の制約』です。

フリーターの仕事は一般的に低賃金であり、経済的な成長が制約されます。

給与の上昇やキャリアの発展が見込めないため、将来的な貯蓄や投資の機会が限定される可能性があります。

経済的な成長の制約は、将来の生活水準や自己実現の面で大きな影響を与えることがあります。

30代フリーターがやばい理由⑥:社会保障や福利厚生の不足

30代フリーター やばい

30代フリーターがやばい理由の6つ目は、『社会保障や福利厚生の不足』です。

フリーターは正規の雇用者と比較して、社会保障や福利厚生の制度を受ける機会が制限されることがあります。

健康保険や年金制度などの社会的な保護が不足しているため、病気や災害に対する保障や将来の年金受給に不安を抱えることがあります。

30代フリーターがやばい理由⑦:自己成長の制約

30代フリーター やばい

30代フリーターがやばい理由の7つ目は、『自己成長の制約』です。

フリーターの仕事は、一般的に単純な作業やルーティン業務が中心です。

自己成長やスキルの向上の機会が限られており、将来的なキャリアの発展や自己実現の道が狭まる可能性があります。

30代でフリーターとして働くと、専門的なスキルや知識の習得が制約されるため、将来の職業的な成長に難航するかもしれません。

30代フリーターがやばい理由⑧:就職競争の激化

30代フリーター やばい

30代フリーターがやばい理由の8つ目は、『就職競争の激化』です。

30代フリーターが就職を目指す場合、若い世代や新卒者との競争に直面することがあります。

求職活動において、30代のフリーターは経験やスキルの不足がハンディキャップとなる可能性が高いです。

求人市場の競争が激化している中で、将来の就職や転職の機会が制約される可能性が高まります。

ドフラ
30代フリーターから就職したい方は、以下の記事で紹介する『転職エージェント』に無料登録するのがおすすめですよ。

30代フリーターが就職する方法はあるのか?

30代フリーター やばい

30代でフリーターから正社員に就職しようとする場合、転職市場に出ていって就活をしなければいけません。

しかし、転職市場には、キャリアや実績を積んだ20代30代の正社員も転職活動をしているため、その中で30代フリーターが勝つのは厳しいです。

世の中の企業の多くが、30代を採用する場合は『即戦力となる人材が欲しい!』と考えるため、30代フリーターは書類選考がなかなか通らない…。

では、30代フリーターの就職はどうすればいいのか?

30代フリーターが就職を成功させるためには、『30代のフリーターでもサポートしてくれる転職エージェント』を利用するのが1番早いです。

ちなみに僕は自分ひとりで就活した結果、30社に応募して、書類選考28社落選・面接2社落選・内定ゼロ…という最悪の失敗経験があります。

僕は就活に失敗し続けた後、最終的に『高卒・大学中退・フリーターの転職に強いエージェント』に登録して、なんとか正社員に就職できました。

このタイプの転職エージェントは、学歴や職歴に自信のない転職者を対象にしているため、とにかくフォローが手厚いです。

カウンセリングに時間をかけてくれたり、無料で就職講座や適職診断テストが受けれたり、面接対策を1社ずつやってくれたりします。

僕はこのおかげで、最終的にフリーターからIT企業の正社員に就職することができ、その2年後には年収500万円稼げるようになりました。

ですから、自分ひとりで就活を成功させる自信がない方は、最初から『転職エージェント』を利用しておくのがおすすめですよ。

ドフラ
フリーターから就職で失敗したくない方は、以下の記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ。

30代フリーターがやばい理由【まとめ】

最後に、『30代フリーターがやばい8つの理由』をまとめておきます。

  • 経済的な不安定さ
  • 職業経歴の停滞
  • 将来の安定性の欠如
  • 社会的な評価の低さ
  • 経済的な成長の制約
  • 社会保障や福利厚生の不足
  • 自己成長の制約
  • 就職競争の激化

いまは『30代でフリーターの自分の未来』が不安かもしれませんが、人生を変えたいなら、少しずつでも行動するしかありません。

実際に記事を書いている僕自身も、フリーターからIT企業に就職して、人生をやり直すことができました。

とはいえ、30代までフリーターだった方が、自分ひとりで就職を成功させるのは、かなり大変だと思います。

ですから、30代フリーターから就職を目指す場合は、最初から『30代フリーターの就職に強いエージェント』を利用しておくのが安全かと。

ただし、30代は行動を先延ばしにすると、どんどん就職が難しくなるので気をつけてください。

なぜなら同じ30代でも、30歳、31歳、32歳、33歳、34歳…と年齢が上がるにつれて、書類選考で落とされやすくなりますから…。

あとは、あなた次第です。

今から行動して、あなたの理想の未来を手に入れませんか?

ドフラ
『本気で人生やり直したい!』という方は、今すぐ転職エージェントに登録してくださいね。