30歳フリーター 人生終わった

『30歳フリーターは人生終わりなの?』
『30歳のフリーターはもう手遅れ?』
『30歳フリーターから正社員に就職する方法はないの?』

このような方に向けて、記事を書いています。

結論からいうと、30歳フリーターが人生終わったといわれる理由は、以下のとおりです。

  • 経済的に不安になる
  • 社会的な評価が低い
  • キャリアが停滞する
  • 社会的なつながりを失う
  • 自己実現の機会がない

一般的に『30歳』という年齢は、社会人になって10年ほど経っており、ある程度のキャリアを積み上げていて、管理職などのポジションに就いている人も多いです。

そのため、30歳まで職歴のない状態が続くと、家族や友人から『30歳フリーターは人生終わってる!』『30歳フリーターはもう手遅れだ』などと言われることもあり、将来に不安を感じるようになります。

おそらく、この記事を読んでいるあなたも、『30歳のうちに正社員にならないとやばいかも…』と思っていますよね?

とはいえ、30歳から正社員に就職するのは、なかなか難しいです…。

なぜなら、世の中の多くの会社が、『未経験者なら20代の人材を採用したい』と考えているからです。

そのため、30歳で就職を成功させるためには、30歳フリーターでも採用してくれる可能性のある企業に応募していかないと、一生フリーターから抜け出せない…という末路になります。

ですから、30歳から人生やり直したい方は、就職の成功確率が高い方法を選ぶなど、戦略的に就職活動を進めていく必要があります。

ドフラ
こんにちは。26歳までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代30代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計975名の方にインタビューしてきたので、30歳フリーターのリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、『30歳フリーターが人生終わったといわれる理由』から『30歳フリーターが就職を成功させる方法』までを解説しています。

この記事を読めば、30歳から人生やり直すためにやるべきことがわかるので、今日から前向きに就職活動に取り組めるはずです。

3分ぐらいで読める内容なので、さっそく見ていきましょう〜。

『今すぐにフリーターから正社員に就職したい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

30歳フリーターが人生終わったといわれる理由【もう手遅れ?】

30歳フリーター 人生終わった

30歳でフリーターを続けている人の多くが、正社員になるきっかけがなくて、なんとなくアルバイト生活を続けてしまっています。

しかし、1秒でも早く行動しないと、手遅れになるリスクがある…。

その理由は、以下のとおりです。

  • 経済的に不安になる
  • 社会的な評価が低い
  • キャリアが停滞する
  • 社会的なつながりを失う
  • 自己実現の機会がない

ここからは、『30歳フリーターが人生終わったといわれる5つの理由』をそれぞれ解説していきますね。

理由①:経済的に不安になる

30歳フリーター 人生終わった

30歳フリーターが人生終わったといわれる理由の1つ目は、『経済的に不安になる』です。

フリーターとして働く場合、不規則な仕事や低賃金の仕事が多いため、経済的な不安がつきものです。

30歳のフリーターは、収入が安定せず、生活費や将来の資金計画に不安を感じることがあります。

経済的な安定が欠如することで、住居や生活必需品の確保、教育や医療費の支払いなど、基本的なニーズを満たすことが難しくなります。

理由②:社会的な評価が低い

30歳フリーター 人生終わった

30歳フリーターが人生終わったといわれる理由の2つ目は、『社会的な評価が低い』です。

フリーターとして働くことは、一部の人々からは社会的な評価が低いと見なされることがあります。

日本の社会では、正規の雇用形態や一定の地位を持つことが望まれる傾向があります。

そのため、30歳でフリーターであることが自尊心を傷つけ、自己評価や他者からの評価に悪影響を与えることも…。

理由③:キャリアが停滞する

30歳フリーター 人生終わった

30歳フリーターが人生終わったといわれる理由の3つ目は、『キャリアが停滞する』です。

フリーターは非正規の雇用形態であるため、キャリアの発展やスキルの獲得が難しい場合があります。

また、長期的な雇用や昇進の機会が限られているため、将来のキャリアパスも見えづらくなります。

このような状況で働く30歳フリーターは、自己成長や専門知識の獲得が制限され、将来の職業的な成果に対する希望を失うこともあります。

理由④:社会的なつながりを失う

30歳フリーター 人生終わった

30歳フリーターが人生終わったといわれる理由の4つ目は、『社会的なつながりを失う』です。

フリーターとして働くと、正規の職場での社会的なつながりやチームワークの経験を得る機会が減少します。

仕事が単独作業や短期的な派遣である場合、人間関係の構築や協力関係の築き方を学ぶ機会が限られる。

このような社会的なつながりの欠如は、孤立感やサポートの不足をもたらし、心理的なストレスや不満を引き起こすことがあります。

理由⑤:自己実現の機会がない

30歳フリーター 人生終わった

30歳フリーターが人生終わったといわれる理由の5つ目は、『自己実現の機会がない』です。

フリーターの仕事は、単純でルーティン化されたものが多いため、自己実現ややりがいを得ることが難しい場合があります。

フリーターのまま30歳になると、自身の人生の目標や夢を達成していないと感じ、過去の自分の行動に後悔する人も多いです。

このような状況では、心理的な不満や焦り、自己価値の低下を感じることがあります。

ドフラ
30代フリーターから就職したい方は、以下の記事で紹介する『転職エージェント』に無料登録するのがおすすめですよ。

30歳フリーターが就職に成功する方法はあるのか?

30歳フリーター 就職

30歳フリーターの人が、正社員に就職しようとする場合、転職市場に出ていって就活をしなければいけません。

しかし、転職市場には、キャリアや実績を積んだ20代30代の正社員も転職活動をしているため、その中で30歳フリーターが勝つのは厳しいです。

世の中の企業の多くが、30代を採用する場合は『即戦力となる人材が欲しい!』と考えるため、30歳でフリーターの方は、書類選考が落とされる可能性が高い…。

では、30歳フリーターから就職するには、どうすればいいのか?

30歳で就職を成功させるためには、『30代のフリーターでもサポートしてくれる転職エージェント』を利用するのが1番早いです。

30歳までフリーターだった方は、間違っても、自分ひとりで就職活動をしないでください。

なぜなら、一生就職できないリスクがありますから…。

ちなみに僕も自分ひとりで就活した結果、30社に応募して、書類選考28社落選・面接2社落選・内定ゼロ…という最悪の失敗経験があります。

僕は就活に失敗し続けた後、最終的に『高卒・大学中退・フリーターの転職に強いエージェント』に登録して、なんとか正社員に就職できました。

このタイプの転職エージェントは、学歴や職歴に自信のない転職者を対象にしているため、とにかくフォローが手厚いです。

カウンセリングに時間をかけてくれたり、無料で就職講座や適職診断テストが受けれたり、面接対策を1社ずつやってくれたりします。

僕はこのおかげで、最終的にIT企業の正社員に就職することができ、その2年後には年収500万円稼げるようになりました。

ですから、30歳までフリーターだった方は、最初から『転職エージェント』を利用しておくのがおすすめですよ。

ドフラ
フリーターから正社員への就職に失敗したくない方は、以下の記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ

30歳フリーターが人生終わったといわれる理由【まとめ】

最後に、『30歳フリーターが人生終わったと感じる5つの理由』をまとめておきます。

  • 経済的に不安になる
  • 社会的な評価が低い
  • キャリアが停滞する
  • 社会的なつながりを失う
  • 自己実現の機会がない

いまは『30歳でフリーターの自分の未来』が不安かもしれませんが、人生を変えたいなら、少しずつでも行動するしかないです。

実際に記事を書いている僕自身も、フリーターからIT企業に就職して、人生をやり直すことができました。

とはいえ、30歳まで正社員経験のない方が、自分ひとりで就職を成功させるのは、かなり大変だと思います。

ですから、30歳ではじめて就職を目指す場合は、最初から『30代フリーターの就職に強いエージェント』を利用しておくのが安全かと。

ただし、30代は行動を先延ばしにすると、どんどん就職が難しくなるので気をつけてください。

なぜなら同じ30代でも、30歳、31歳、32歳、33歳、34歳…と年齢が上がるにつれて、書類選考で落とされやすくなりますから…。

あとは、あなた次第です。

今から行動して、あなたの理想の未来を手に入れませんか?

ドフラ
『本気で人生やり直したい!』という方は、今すぐ転職エージェントに登録してくださいね。