一生フリーター
フリーターの人「結婚したいという気持ちがありません。 一生フリーターとして賃貸生活を続けることは可能でしょうか?途中で難しくなることはあるでしょうか?多くの人が正社員になってマイホームやマンションを購入しているので、 一生フリーターで賃貸暮らしを続けるのは厳しいのではないかと心配になります…」

このような悩みを抱えている方に向けて、この記事を書いています。

この記事では、一生フリーターとして過ごすことの困難さについて、具体的な理由とその根拠を示しながら解説します。

賃貸暮らしがどのように影響を受けるかも考察し、将来の不安を軽減するための情報を提供します。

ドフラ
こんにちは。20代後半までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円のフリーターでした。その後、IT業界に就職して年収500万円になり人生変わりました。当サイトでは20代後半フリーターの就活に役立つ情報を発信しています。

3分で読める内容なので、それでは見ていきましょう〜。

『今すぐにフリーターから正社員に就職したい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

スポンサーリンク

一生フリーターはきつい理由①:収入の不安定さ

一生フリーター

フリーターとして働く場合、収入が安定しないことが多くあります。

これは、アルバイトやパートタイムの仕事が正社員と異なり、雇用契約が短期間で更新されることが多いからです。

例えば、飲食業や小売業などでは、店舗の経営状況やシフトの調整によって働く時間が変動しやすいです。

一例として、ある飲食店で働くフリーターの収入を見てみると、経営状況が悪化した月にはシフトが減少し、収入が大幅に減ることがあります。

このような状況が頻繁に起こると、家賃や生活費を安定して支払うことが難しくなります。

また、アルバイトの契約が更新されない場合、新たな職を探さなければならず、その間の収入が途絶えるリスクもあります。

さらに、フリーターは季節や経済状況に大きく左右される傾向があります。

例えば、観光業やイベント業界など、特定の時期に需要が集中する業種では、オフシーズンに仕事が減り、収入も減少することがよくあります。

また、経済が不況に陥ると、企業はコスト削減のためにアルバイトのシフトを削減したり、一時的に雇用を停止することがあり、フリーターはその影響を直接受けやすいです。

このように、収入の不安定さはフリーターにとって大きな問題です。

安定した収入が得られないため、計画的な生活を送ることが難しくなり、貯蓄をする余裕もなくなります。

特に突然の収入減少に対応するための貯蓄がないと、予期せぬ出費に対処できず、生活が困窮するリスクが高まります。

このため、一生フリーターとして過ごすことは、経済的な安定を確保する上で非常に難しいと言えます。

※29歳までフリーターを続けた男性の失敗談を「フリーターの将来は正社員になれない絶望だった理由|31歳の体験談」で紹介しているので、反面教師としてご確認ください。

スポンサーリンク

一生フリーターはきつい理由②:社会保障の不足

一生フリーター

フリーターは正社員と比較して、社会保障制度の恩恵を受けにくい現実があります。

日本の社会保障制度は主に正社員を対象に設計されており、フリーターや非正規労働者はその範囲から外れることが多いです。

例えば、厚生年金や健康保険は正社員を対象とした制度であり、フリーターは国民年金や国民健康保険に加入する必要があります。これらの制度は自己負担が大きく、正社員と同等の保障を得ることが難しいです。

具体例として、フリーターが病気や怪我で働けなくなった場合を考えてみます。

正社員であれば、会社の健康保険や労災保険によって医療費の一部が補助され、病気休暇中も一定の収入が保障されることがあります。

しかし、フリーターの場合は、自己負担で医療費を支払わなければならず、収入が途絶えた場合の保障も乏しいです。

そのため、病気や怪我が経済的に大きな負担となり、生活が困難になるリスクが高まります。

また、老後の生活を考えると、厚生年金に加入している正社員と比べ、国民年金のみのフリーターでは受け取れる年金額が少なくなります。

これにより、老後の生活資金が不足し、十分な生活を送ることが難しくなります。

さらに、フリーターは退職金制度の対象外であることが多く、老後の資金準備が不十分になりがちです。

このように、フリーターは社会保障の不足によって、病気や老後の生活において大きなリスクを抱えることになります。

経済的な安定を確保するためには、社会保障の充実が不可欠であり、一生フリーターとして過ごすことは、その点で非常に不利と言えます。

【関連記事】
20代後半のフリーター男でも正社員になれる理由【3名の体験談】

スポンサーリンク

一生フリーターはきつい理由③:キャリアの限界

一生フリーター

フリーターとして働く場合、キャリアの発展が限られることが多いです。

正社員と比べて、フリーターはスキルや経験を積む機会が少なく、昇進や給与の上昇が見込めないことが多いです。

例えば、フリーターの仕事は単純作業が多く、専門的なスキルや知識を必要としないため、スキルアップの機会が限られます。

ある調査によれば、フリーターとして働く人々の多くは、将来に対する不安を感じていると報告されています。

これは、フリーターの仕事が短期間での契約更新や不安定な雇用形態であるため、長期的なキャリアプランを立てることが難しいからです。

結果として、年齢を重ねるにつれて転職の機会が減り、収入や職業の安定性が低下することが予想されます。

また、フリーターは就職活動において不利な立場に置かれることが多いです。

企業は正社員としての経験やスキルを重視するため、フリーターの経歴が評価されにくいです。

これにより、希望する職種や企業への就職が難しくなり、キャリアの選択肢が限られます。

このように、フリーターとしてのキャリアには限界があり、長期的な安定や発展を見込むことが難しいです。

特に年齢を重ねるごとに転職の難易度が上がり、収入や職業の安定性が低下するため、一生フリーターでいることはキャリアの観点からも大きなリスクを伴います。

【関連記事】
27歳フリーターがやばい理由【27歳の就職は遅い?失敗談あり】

一生フリーターはきつい理由④:住宅の問題

一生フリーター

フリーターとして働く場合、住宅に関する問題が生じることがあります。

収入が安定しないため、賃貸物件を借りる際に保証人を必要とする場合が多く、借りられる物件が限られることがあります。

また、収入が不安定であるため、家賃の支払いに対する信用が低く、賃貸契約が更新されないリスクもあります。

例えば、収入が不安定なフリーターが住宅を探す際、家賃が安くても保証人が必要であったり、初期費用が高額であったりするため、条件に合う物件が見つかりにくいことがあります。

さらに、賃貸物件の家賃は年々上昇する傾向にあり、収入が増えないフリーターにとっては家賃の負担が大きくなります。

また、フリーターは住宅ローンを組むことが難しいため、マイホームの購入が現実的ではありません。

住宅ローンを組むためには、安定した収入が必要とされるため、フリーターはその条件を満たすことができず、賃貸生活を続けるしかありません。

これにより、家賃の上昇や住環境の変化に対応するのが大変です。

このように、フリーターとしての住宅問題は、経済的な安定を確保する上で大きな障害となります。

賃貸物件の確保が難しく、住宅ローンを組むことができないため、安定した住環境を得ることが難しいです。

このため、一生フリーターでいることは、住宅の面でも困難が伴います。

※フリーターから日雇い労働になった男性の失敗談を「29歳男性が日雇いフリーターの単発バイトになった理由【体験談】」で紹介しているので、あわせてご覧ください。

一生フリーターはきつい理由⑤:精神的な不安定さ

一生フリーター

フリーターとして働くことによる精神的な不安定さも問題の一つです。

収入や社会的地位が不安定なため、将来への不安やストレスが増えやすいです。

特に周囲の人々が正社員として安定した生活を送っている場合、自分だけが取り残されていると感じることが多く、精神的な負担が大きくなります。

例えば、友人や同僚が正社員として昇進や給与の上昇を経験している一方で、自分はフリーターとして収入が不安定でキャリアの発展が見込めない状況に置かれていると、自己肯定感が低下することがあります。

また、将来に対する漠然とした不安や焦りが常に付きまとい、精神的なストレスが増大します。

さらに、フリーターとして働く場合、社会的な評価が低いことも精神的な負担となります。

社会的には正社員として働くことが一般的であり、フリーターは一時的な職業と見なされがちです。

そのため、周囲からの評価や自分自身の自己評価が低くなり、精神的な健康に悪影響を及ぼすことがあります。

このように、フリーターとしての精神的な不安定さは、生活の質を低下させる大きな要因となります。

収入やキャリアの不安定さに加え、社会的な評価や自己評価の低下が精神的な健康に悪影響を与えるため、一生フリーターでいることは精神的な面でも非常に困難と言えます。

20代後半フリーターはまだ間に合う!就職できるうちに行動しよう

一生フリーター

20代後半でフリーターを続けている方も、就職のチャンスはまだ十分にあります。

正社員として安定した生活を手に入れるために、今こそ行動を起こすことが大切です。

若さと柔軟性

20代後半は、まだ若さと柔軟性がある年齢です。

企業は若い人材に対して成長のポテンシャルや柔軟な思考を期待しています。

20代後半のフリーターは、職場環境や新しい仕事に適応しやすく、学習能力も高いため、未経験の分野でも短期間でスキルを習得することが可能です。

また、若さゆえにエネルギッシュで、長時間労働やチャレンジングな業務にも耐えられる体力があるため、企業にとっても魅力的な人材と言えます。

具体的には、新卒採用や第二新卒採用枠が存在し、企業は20代後半の若手を積極的に採用する傾向があります。

これにより、フリーターから正社員への就職が比較的容易であると言えます。

若さと柔軟性を武器に、未経験の業界や職種にチャレンジすることができるのです。

フリーター経験の強み

フリーターとして働いてきた経験も、見方を変えれば強みとなります。

多くのフリーターは、接客業や販売業、サービス業などで働いてきた経験があり、これらの経験はビジネスの現場で役立つスキルを培っています。

例えば、接客業で培ったコミュニケーション能力や問題解決能力、チームワークなどは、多くの企業で求められる重要なスキルです。

また、複数のアルバイトを経験している場合、その中で培った適応力やマルチタスク能力も強みとなります。

企業は即戦力となる人材を求めているため、これらのスキルをアピールすることで、就職活動を有利に進めることができます。

フリーター経験をポジティブに捉え、それを強みとして活用することで、正社員としてのキャリアを築くチャンスが広がります。

就職支援制度やサポートの充実

近年、多くの就職支援制度やサポートサービスが充実しており、フリーターから正社員への転職をサポートしています。

特に20代後半の若手を対象とした就職支援プログラムやエージェントサービスは、キャリアカウンセリングや履歴書の添削、面接対策などを通じて、フリーターの就職活動を全面的にバックアップしてくれます。

例えば、就職エージェントを利用することで、自分に合った求人情報を提供してもらえるだけでなく、企業とのマッチングや面接日程の調整、内定後のフォローアップなど、一貫したサポートを受けることができます。

これにより、効率的かつ効果的に就職活動を進めることができるのです。

さらに、国や自治体が提供する職業訓練プログラムも活用することで、新たなスキルを身につけることができます。

これにより、未経験の職種や業界への転職も視野に入れることができ、就職の幅が広がります。

これらの理由から、20代後半のフリーターでもまだ間に合うと言えます。

若さと柔軟性、フリーター経験の強み、そして充実した就職支援制度を活用し、正社員としてのキャリアを築くために今こそ行動を起こしましょう。

ドフラ
僕は26歳の時に転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円のIT企業に転職できましたよ。

まとめ:20代後半フリーターは1日も早く行動を起こそう

一生フリーター

20代後半のフリーターでも、まだ就職のチャンスは十分にあります。

若さと柔軟性を活かし、フリーター経験を強みに変えることで、企業にとって魅力的な人材となることができます。

また、就職支援制度やエージェントサービスを利用することで、効率的に就職活動を進めることが可能です。

重要なのは、今すぐに行動を起こすことです。

時間は貴重であり、早めのスタートが成功への鍵となります。

未来のために、今こそ第一歩を踏み出しましょう。

一生フリーターを続けるリスクに関するFAQ

1. フリーターのままで収入が安定しないのはなぜですか?

回答: フリーターの収入は、契約期間が短いことやシフトの変動によって不安定になりがちです。特に経済状況や季節によって仕事量が左右される業界では、収入が大きく変動することがあります。

2. フリーターとして働く場合、社会保障が不十分になる理由は何ですか?

回答: フリーターは厚生年金や健康保険などの社会保障制度の対象外であることが多く、自分で国民年金や国民健康保険に加入する必要があります。これにより、自己負担が大きくなるため、十分な保障を得ることが難しいです。

3. フリーターのままでキャリアを積むことは可能ですか?

回答: フリーターは単純作業が多く、専門的なスキルや経験を積む機会が限られます。そのため、キャリアの発展が難しく、長期的な職業の安定性や昇進のチャンスが少ないです。

4. 一生フリーターでいると住宅の確保が難しくなる理由は何ですか?

回答: フリーターの収入が不安定なため、賃貸物件を借りる際に保証人を必要としたり、信用が低く見られることが多いです。また、住宅ローンを組むことが難しく、マイホームの購入も困難になります。

5. フリーターのままでは老後の生活にどのような影響がありますか?

回答: フリーターは厚生年金に加入していないことが多いため、受け取れる年金額が少なく、老後の生活資金が不足しがちです。また、退職金制度もないため、老後の資金準備が不十分になるリスクがあります。

6. フリーターのままで精神的な健康にどのような影響がありますか?

回答: 収入や社会的地位が不安定なため、将来への不安やストレスが増えます。また、周囲が正社員として安定した生活を送っている場合、自分だけが取り残されていると感じることが多く、精神的な負担が大きくなります。

7. フリーターとしての経験は就職活動でどのように評価されますか?

回答: フリーターとしての経験も、スキルや適応力をアピールすることで評価されることがあります。特に接客業や販売業で培ったコミュニケーション能力や問題解決能力は、多くの企業で求められる重要なスキルです。

8. フリーターから正社員への就職は難しいですか?

回答: 20代後半でも、積極的にスキルアップを図り、自己分析を行いながら就職活動を進めることで、正社員への転職は十分に可能です。就職エージェントや職業訓練校を利用することで、効果的に転職活動を進めることができます。

9. フリーターのままで貯蓄が難しい理由は何ですか?

回答: フリーターの収入が不安定であるため、計画的な貯蓄が難しくなります。特に突然の収入減少や予期せぬ出費が発生した場合、貯蓄が不足し、生活が困窮するリスクが高まります。

10. フリーターとしての生活から抜け出すためにはどうすれば良いですか?

回答: 自己分析を行い、自分に適した職種や業界を見つけ、スキルアップを図ることが重要です。積極的な就職活動や就職支援サービスの利用、ネットワーキングの活用などを通じて、正社員としてのキャリアを築くために行動しましょう。

スポンサーリンク