フリーターから正社員に就職するためには、就職サイトを利用するのが効果的です。

でも、インターネット上に求人ポータルサイトがあり過ぎて、どれに登録すればいいか迷ってしまいますよね。

フリーターから就職するためには、フリーターでも就職しやすい求人情報が多く揃う、就職サイトを利用するのがおすすめです。

ドフラ
こんにちは。26歳まで年収190万円だった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円のフリーターでした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

今回は僕の体験談も踏まえて、「フリーター向けの就職サイト7選」を紹介していきます。

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する無料適職診断テストを受けてみるのがおすすめですよ。

フリーター向けの就職サイト7選!【元フリーターがおすすめを紹介】

フリーターから就職する方法には、アルバイト先で正社員になる、ハローワークを利用する、企業のHPから直接応募する、就職サイトを利用する、就職エージェントを利用する、などがあります。

この中で、フリータの就職におすすめなのは、就職サイトと就職エージェントを利用する方法です。

就職サイトには多数の求人情報が掲載されているため、求人情報を検索してみるだけでも、自分がどのような仕事に応募できるか想像できます。

1人での就職活動が不安な方は、就職エージェントを中心に利用するのがおすすめですが、就職サイトにも登録しておくことで、幅広いジャンルの求人を知ることができ、自分の視野が広がります。

ですから、1人で就職活動したい方はもちろん、1人での就職活動に不安がある方も、就職サイトに登録するメリットがあります。

どの就職サイトも無料で利用できるので、少しでも気になったサイトは、とりあえず登録しておくのがおすすめです。

ここからは、フリーターにおすすめの就職サイトをそれぞれ紹介していきます。

転職決定数No.1の就職サイト「リクナビNEXT」

リクナビNEXT」は、20代後半~40代の正社員向けの就職サイトという印象が強いかもしれませんが、フリーター向けの求人も豊富に揃っています。

転職者の約8割が利用しており、転職決定数No.1の実績をもつ就職サービスです。

圧倒的な求人数があり、正社員求人が9割以上なので、フリーターから正社員に就職したい方は、とりあえず登録しておいて間違いないですね。

「フリーター」というキーワードで検索すれば、フリーターが就職しやすい求人を探せます。

さらに、自分のレジュメやスケジュールの管理がしやすい点も、多くの人に選ばれるポイントです。

20代30代の転職に強い「マイナビ転職」

マイナビ転職」は、20代30代に人気の就職サイトです。

検索ジャンルが豊富で、「手に職から探す」や「適職診断から探す」などのユニークな検索ができます。

またエリア限定求人やIターン・Uターン採用にも力を入れており、都道府県検索や市区町村検索ができます。

スカウトサービスも利用できるので、企業から直接スカウトを受け取ることもできます。

マイナビ転職のスカウトサービスを利用する企業は、年間1万7000社もあります。

20代30代の若手人材で、1人で就職活動を進めていきたい方に、マイナビ転職はおすすめです。

求人の情報充実度No.1の「エン転職」

エン転職」は、有名人を起用したCMで知名度も上がり、会員数800万人を超える就職サイトです。

エン転職は求人の情報充実度が業界No.1で、自社で雇用・育成した求人専門のライターが求人原稿を担当しているので、求人情報を見たときに仕事内容がイメージしやすいです。

仕事内容や応募資格はもちろん、仕事のやりがいや厳しいところ、向いている人や向いていない人まで、詳細に求人情報が掲載されています。

また口コミサイト「カイシャの評判」も運営しているため、求職者の口コミを確認することもできます。

フリーターの方は、「未経験者歓迎」の求人を中心に応募していきましょう。

20代専門の就職サイト「Re就活」

Re就活」は、20代に特化した就職サイトで、若年層のフリーターにおすすめの就職サービスです。

「20代専門転職サイトNo.1」というだけあり、20代の方向けの求人が豊富に揃っています。

未経験者OKの求人が多く、企業から直接スカウトが届くのも特徴です。

自己分析をまだやっていない方は、たった3分でできる「適職診断」も受けてみる価値ありですね。

地元企業の求人が多い就職サイト「はたらいく」

はたらいく」は、地域に根付いた中小企業の求人を中心に扱っているため、地元企業に就職したい方におすすめです。

「小規模の会社で働きたい」「家の近くで仕事したい」という方は、はたらいくで求人を探してみてください。

求人の特徴は、はたらいくだけの独占求人が93%で、建設系・ドライバー・工場などの現場仕事が多めです。

はたらいくは、会員登録しなくても求人に応募できるので、その手軽さも魅力です。

社員希望の若手求人に強い「バイトルNEXT」

バイトルNEXT」は、日本最大級のアルバイト求人情報サイト「バイトル」の姉妹サイトで、正社員向けの就職サイトになります。

「非正規雇用から正規雇用を目指す」がコンセプトで、アルバイト経験を活かして正社員になりたいフリーターの方におすすめです。

バイトルNEXTの利用者は、20代が約50%で、30代が約20%となっており、若者向けの就職サイトです。

第二新卒・既卒向けの就職サイト「いい就職ドットコム」

いい就職ドットコム」は、第二新卒、既卒未就業者、留学帰国者向けの就職サイトです。

就職相談会やインターンシップなどのサポートもあり、既卒でフリーターとして働いている方におすすめの就職サイトです。

職種や勤務地を指定して求人検索ができて、応募したい求人を個別で紹介予約できるので、求人紹介されるより、自分で納得できる求人を探したいという方におすすめです。

相談しながら就職活動を進めたい方は、担当のキャリアアドバイザーから求人紹介を受けたり、就職マナー講座や面接対策を受けることも可能です。

フリーター向けの就職サイト7選【まとめ】

今回紹介した「フリーター向けの就職サイト7選」をまとめておきます。

  • リクナビNEXT
  • マイナビ転職
  • エン転職
  • Re就活
  • はたらいく
  • バイトルNEXT
  • いい就職ドットコム

1人で就職活動するにせよ、就職エージェントを利用するにせよ、就職サイトを利用するメリットは大きいです。

就職サイトに登録しておけば、世の中にどんな仕事があるかを知ることができますし、フリーターから挑戦できる仕事の種類もわかります。

ですから、本格的に就職活動をスタートする前から、就職サイトを見て情報収集しておくのはおすすめです。

この記事を読んで、実際に行動に移すかどうかは、あなたの自由です。

ドフラ
『転職で失敗したくない!』という方は、以下の記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ。