フリーターから営業

「フリーターから営業職に就職したいけど、未経験だし不安です。」
「営業職ってきついって聞くけど、本当にやっていけるのかな?」
「フリーターの経験が営業職に役立つのか知りたい。」

このような方に向けて、この記事を書いています。

フリーターから営業職への転職を考えている方々の悩みを解決するため、営業職の現実やきつい理由、そして多くのメリットについて詳しく解説します。

未経験からでも挑戦しやすい営業職の魅力と、成功へのステップを具体的に紹介し、あなたのキャリアチェンジをサポートします。

この記事を読んで、自信を持って次のステージに進みましょう。

ドフラ
こんにちは。20代後半までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円のフリーターでした。その後、IT業界に就職して年収500万円になり人生変わりました。当サイトでは20代後半フリーターの就活に役立つ情報を発信しています。

3分で読める内容なので、それでは見ていきましょう〜。

『今すぐにフリーターから正社員に就職したい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

フリーターから営業職への就職はあり?メリットやきつい理由を解説

フリーターから営業

フリーターから営業職に就職することは、多くのメリットがある選択肢です。

営業職は、未経験者でも挑戦しやすい職種であり、そこで得られる経験やスキルは、将来のキャリアにおいて非常に有用です。

まずは、フリーターから営業職に就職するメリットを詳しく解説します。

営業職のメリット①:スキルアップの機会が豊富

営業職では、多様なスキルを磨くことができます。

具体的には、コミュニケーション能力、交渉力、プレゼンテーションスキル、問題解決能力などが挙げられます。

これらのスキルは、営業職だけでなく他の職種でも必要とされるものであり、キャリア全体を通じて非常に有用です。

例えば、顧客とのやり取りを通じてコミュニケーション能力が自然と向上し、プレゼンテーションを行うことで説得力のある話し方が身につきます。

営業職のメリット②:キャリアの選択肢が広がる

営業職を経験することで、キャリアの選択肢が広がります。

営業で得た経験やスキルは、マーケティング、カスタマーサポート、経営管理など、さまざまな分野で応用可能です。

例えば、マーケティング職では、営業で培った顧客理解や市場分析のスキルが役立ちます。

また、カスタマーサポート職では、顧客対応の経験が顧客満足度向上に貢献します。

このように、営業経験は多岐にわたるキャリアパスを開く鍵となります。

営業職のメリット③:人脈の拡大

営業職は、多くの人と関わる仕事です。

顧客や業界の専門家、他部門の同僚などとの接触を通じて、広範なビジネスネットワークを築くことができます。

これらの人脈は、将来的なキャリアパスやビジネスチャンスにおいて重要なリソースとなります。

例えば、顧客との長期的な関係を築くことで、新たなビジネスチャンスが生まれたり、業界イベントでの交流を通じて新しい情報や知識を得ることができます。

営業職のメリット④:成果が目に見える

営業職は成果が数字で明確に表れる職種です。

達成感や成功体験を得やすく、自分の努力がどのように報われるかを実感しやすいです。

例えば、売上目標を達成した際の達成感や、顧客からの感謝の言葉は、モチベーションを高める大きな要素となります。

また、多くの営業職では、成果に応じたインセンティブやボーナスが支給されるため、経済的なメリットも大きいです。

営業職のメリット⑤:成長の機会

営業職は厳しい一面もありますが、それだけに成長の機会も多いです。

目標達成のプレッシャーやクライアント対応のストレスを乗り越えることで、強い精神力や問題解決能力が身につきます。

例えば、難しい交渉を成功させた経験や、大きなプレッシャーの中で目標を達成した経験は、自信を持って次のチャレンジに臨むための土台となります。

また、これらの経験を通じて、どんな困難にも柔軟に対応できる能力が養われます。

上記のとおり。

これらのメリットを考慮すると、フリーターから営業職に就職することは、個人の成長やキャリアアップに非常に有利な選択肢であると言えます。

営業職で得られる経験やスキルは、将来のキャリアにおいても大いに役立つため、自分の可能性を広げるためのステップとして非常に価値があります。

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する無料適職診断テストを受けるのがおすすめですよ。

フリーターから営業職に就職するときついと感じる理由は?

フリーターから営業

プレッシャー

営業職では、常に売上目標や契約数などの具体的な目標が設定され、それを達成するためのプレッシャーがかかります。

このプレッシャーは精神的に厳しく感じることが多く、ストレスの原因となります。

長時間労働

成果を上げるためには、しばしば長時間労働が求められます。

商談の準備やフォローアップ、書類作成など、業務量が多いため、ワークライフバランスを保つのが難しくなります。

競争の激しさ

営業職は他の営業マンとの競争が激しく、自分の成果が常に比較される環境です。

この競争がモチベーションになる一方で、プレッシャーやストレスを感じる要因にもなります。

フリーターは法人営業を選ぶとストレス少なめです

フリーターから営業

フリーターが営業職に就く際、法人営業(B2B営業)を選ぶことは、ストレスを軽減する上で非常に有利です。

法人営業では、個人営業(B2C営業)に比べて、取引相手が企業であるため、商談や交渉が計画的に進めやすい点が挙げられます。

企業間の取引は長期的な関係を築くことが前提となるため、単発の販売や短期的な成果を求められることが少なく、安定した取引が期待できます。

また、法人営業では、顧客が企業の担当者であるため、プロフェッショナルなコミュニケーションが求められますが、

その分、理性的かつ合理的なやり取りが行われることが多いです。

これにより、個人営業で頻繁に発生する感情的なトラブルやクレーム対応の負担が軽減されます。

さらに、法人営業では、取引の規模が大きいため、一件ごとの商談がもたらす売上が高く、効率的に目標を達成できる可能性が高まります。

このため、売上プレッシャーが分散され、過度なストレスを感じにくくなります。

加えて、法人営業はチームでの活動が多く、社内のサポート体制も充実している場合が多いため、困ったときに相談できる環境が整っています。

これにより、孤立感を感じにくく、精神的な負担が軽減されます。

さらに、法人営業では、業務の一環として市場調査や競合分析を行う機会が多く、これらの業務を通じて自身のビジネススキルが向上し、自己成長を実感しやすい環境が整っています。

このように、法人営業は計画的かつ効率的に働ける環境が整っており、長期的な視点で安定した取引を築けるため、フリーターにとってストレスが少ない選択肢となります。

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する無料適職診断テストを受けるのがおすすめですよ。

フリーターから営業職に就職するなら転職エージェントがおすすめ!

フリーターから営業

フリーターから営業職に就職を目指すなら、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントは、求職者と企業の間に立ち、最適なマッチングをサポートする専門機関です。

まず、転職エージェントは、求職者の経歴やスキル、希望条件を詳細にヒアリングし、それに基づいて最適な求人を紹介してくれます。

これにより、自分では見つけにくい非公開求人にもアクセスできるため、幅広い選択肢から最適な企業を見つけることができます。

さらに、転職エージェントは、履歴書や職務経歴書の作成、面接対策などのサポートも提供します。

特に営業職では、自己アピールやコミュニケーション能力が重要となるため、プロのアドバイスを受けることで、面接での印象を大きく向上させることができます。

また、エージェントは企業との交渉も代行してくれるため、給与や勤務条件の調整もスムーズに進められます。

転職エージェントは、フリーターの経験を評価してくれる企業を見つける手助けもしてくれます。

多くのエージェントは、未経験者歓迎の求人情報を持っており、フリーターから営業職への転職を支援する専門のコンサルタントも在籍しています。

これにより、自信を持って新しいキャリアに挑戦できる環境が整います。

以上の理由から、フリーターが営業職に就職する際には、転職エージェントを利用することで、よりスムーズかつ効果的に転職活動を進めることができ、自分に合った企業での成功を手にするチャンスが広がります。

フリーターにおすすめの転職エージェント3社

ここからは、フリーターから営業職に就職したい方におすすめの転職エージェントを「3社だけ」厳選して紹介します。

第二新卒エージェントneo

高卒 フリーター 就職エージェント

第二新卒エージェントneoは、第二新卒やフリーター、未経験者向けの転職支援を専門としています。

このエージェントは、若年層のキャリア支援に特化しており、フリーターから営業職への転職を目指す方にとって非常に頼りになる存在です。

個別のカウンセリングを通じて、求職者の強みや希望を深く理解し、それに基づいて最適な求人を紹介します。

また、履歴書・職務経歴書の添削や面接対策など、細やかなサポートも提供されるため、初めての転職でも安心して挑戦できます。

サービス名第二新卒エージェントneo
運営会社株式会社ネオキャリア
求人数非公開
対応地域全国
面談方法対面、オンライン
料金無料

【関連記事】
第二新卒エージェントneoの評判と口コミを徹底調査!メリット・デメリットを解説

ハタラクティブ

高卒 フリーター 就職エージェント

ハタラクティブは、20代の若者を中心に、フリーターや未経験者向けの転職支援を行うエージェントです。

営業職の求人も豊富で、フリーターからのキャリアチェンジをサポートします。

ハタラクティブは、求職者に寄り添った丁寧なカウンセリングを行い、一人ひとりに最適な求人を提案します。

また、企業との面接日程調整や内定後のフォローアップなど、転職活動全般にわたるサポートを提供し、スムーズな転職を実現します。

サービス名ハタラクティブ
運営会社レバレジーズ株式会社
求人数3,000件以上
対応地域全国
面談方法対面、オンライン
料金無料

UZUZ(ウズウズ)

高卒 フリーター 就職エージェント

UZUZ(ウズウズ)は、第二新卒やフリーター、既卒者向けの転職支援を専門とするエージェントです。

UZUZは、特に未経験者の転職に強く、営業職への転職を目指す方にも多くのサポートを提供します。

個別のキャリアカウンセリングや企業研究、面接対策など、きめ細やかな支援を通じて、求職者が自信を持って転職活動に取り組めるようサポートします。

UZUZは、企業との強いネットワークを持っており、非公開求人を含む多様な求人情報を提供します。

サービス名UZUZ(ウズウズ)
運営会社株式会社UZUZ
取引企業数1,500社以上
対応地域全国
面談方法対面、オンライン
料金無料

まとめ:フリーターから営業職への就職はありです!

フリーターから営業

フリーターから営業職への就職は、多くのメリットがある有望な選択肢です。

営業職では、コミュニケーション能力や交渉力、問題解決能力など、多様なスキルを身につけることができます。

また、成果が数字で明確に表れるため、達成感や報酬も得やすいです。

さらに、法人営業を選ぶことで、計画的に働ける環境や安定した取引が期待でき、ストレスを軽減できます。

転職エージェントのサポートを受けることで、適切な求人情報や面接対策など、充実した支援を受けられるため、スムーズな転職活動が可能です。

これらの理由から、フリーターから営業職への就職は非常に有望です。

フリーターから営業職への就職に関するFAQ

Q1. フリーターから営業職に就職するのは難しいですか?

  • A1:難しくありません。営業職はコミュニケーション能力や意欲を重視することが多く、フリーターでも挑戦しやすい職種です。転職エージェントを利用することで、適切なサポートを受けることができます。

Q2. 営業職に求められるスキルは何ですか?

  • A2:営業職には、コミュニケーション能力、交渉力、プレゼンテーションスキル、問題解決能力、自己管理能力が求められます。これらのスキルは、日々の業務を通じて磨かれます。

Q3. 法人営業と個人営業の違いは何ですか?

  • A3:法人営業は企業を対象とした営業で、長期的な取引関係を築くことが多いです。個人営業は一般消費者を対象とし、短期的な販売が主です。法人営業は計画的に進めやすく、安定した取引が期待できます。

Q4. 未経験でも営業職に就けますか?

  • A4:はい、未経験でも営業職に就くことは可能です。多くの企業が未経験者を歓迎しており、研修制度やサポート体制が整っている企業も多いです。

Q5. 転職エージェントを利用するメリットは何ですか?

  • A5:転職エージェントは、求人紹介だけでなく、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策、企業との交渉など、転職活動全般をサポートしてくれます。特に未経験者にとっては心強い味方です。

Q6. 営業職の給与はどのくらいですか?

  • A6:営業職の給与は企業や業界によって異なりますが、成果に応じたインセンティブが支給されることが多く、頑張り次第で高収入を目指せます。基本給に加えて歩合給やボーナスがある場合が多いです。

Q7. 営業職の仕事のやりがいは何ですか?

  • A7:営業職のやりがいは、目標を達成した時の達成感や、顧客からの感謝の言葉です。また、数字で成果が見えるため、努力が報われる実感を得やすいです。

Q8. どの業界の営業職がおすすめですか?

  • A8:自分の興味や得意分野に合った業界を選ぶのがベストです。例えば、IT業界、医療業界、不動産業界など、多様な業界で営業職が募集されています。興味のある業界であれば、モチベーションを高く保てます。

Q9. 営業職の主な業務内容は何ですか?

  • A9:営業職の主な業務内容には、新規顧客の開拓、既存顧客のフォローアップ、商品やサービスの提案、契約交渉、見積書や契約書の作成などがあります。顧客との関係を築き、維持することが重要です。

Q10. 営業職に向いている人の特徴は何ですか?

  • A10:営業職に向いている人は、コミュニケーション能力が高く、人と接するのが好きな人、目標達成に向けて努力を惜しまない人、自分を律して管理できる人です。また、失敗を前向きに捉え、次に活かす姿勢も重要です。